スポンサードリンク

感情の奥にある過去の体験を受け入れる

感情の奥にある過去の体験を受け入れる自分自身が思う許せないことを冷静に、人に伝えること。
自分自身を許す自己セラピーを行い、人を集めることができます。

感情をただ吐き出すだけでは、人は集まりません。
あなたの許せないことを感情だけで共有すると人には響きません。

一段階下のレベルで理解し、共有することが大切です。
一段階下のレベルとは、許せないという感情の発生原因となる体験です。
これをきちんと見つめることが重要になってきます。

出来事 > 感情 > 発生原因となる体験。
この順番で心の中を探ります。

まずは、許せないことをリストアップしましょう。
ノートなどで書きなぐったり、パソコンに打ち込んだりとできるだけ多くを書き出します。

「もう、許せない!ふざけんな!まじむかつく!」
すごい黒い苦しい辛い感情が湧き出してきたりします。
素直に、全部書きだしてください。

書き終えたら、2日以上時間をおきます。そして見返します。

ここからが、あなたの感情を客観的にみて、発生場所を見つける時間です。

この時の自分ってどんな過去の体験が原因だったんだろう?
どうして辛かったんだろう?悔しかったんだろう?

そうやって深く見ていくと、その出来事を起こしたことが原因ではなく、過去の許せなかった自分への怒りやいらだちが見えてくると思います。

それを冷静にブログなどのネットメディア、受け入れる気持ちでつづります。
こういう出来事があった、こういう感情が生まれた、実はこういう体験があったから。
その気持ちを大切にしよう。というメッセージです。

あなたが実体験している内容であれば、なお説得力が増します。

できるだけ多くの感情を書き留めて行きましょう。

ノートを持ち歩いて、自分のふざけんな!をいっぱい書いてみてください。
時間が経って読み返すと、どうして?という発生場所が分かる場合が多いです

怒りを悪いこと、イライラは悪いこと、みっともない。などと思っているうちは、誰とも呼応できないです。
殻に閉じこもった状態です。

表面化している感情とさらにその内側にある発生場所を読者に伝えることで、より深くつながることができます。

まったく怒りがない。と思っている人は、怒りを感じないようにしているだけの場合が多分にあります。
じっくり自分を見つめる時間を取ってみてください。

愚痴から生まれた冷静な考察は、人に暖かさを与えます。
同じように感じている人は、その愚痴をただ吐き出すことで解消しているだけ。

原因をあまり見つめようとしません。怖いので見たくない場合がほとんどです。

そう、あなたが先導を切って一緒に見つめようとする心が、つながりを生み出します。

愚痴は宝と言っても良いでしょう。
感情の裏側にある過去の出来事を許すことによって、あなた自身にも自己愛が生まれ、その自己愛によって、人は集まってきます。

一段階深く掘り下げた状態で、寄り添うことを目指してネットに投稿しましょう。
あなたを理解してくれる人、同調してくれる人とつながることができます。

まとめ:
– 許せないことを書きなぐる
– 小さな許せない事は、すぐに忘れてしまう。
– 怒りがわかないのは、殻に閉じこもっているから読者と呼応できない
– 愚痴から生まれた冷静な考察はあなたの宝。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク