生存戦略。自分らしく生活する猫が愛される理由

世界で2億匹以上がペットとして飼われている。 - 犬などよりも全く従順ではない。 - 愛されようとしていない。 じっと見つめてくる猫 = 「こいつには勝てる」と思っている 体をこすりつけてくる猫 = 「お前は私の縄張りの一部」だという主張である 自分勝手でこびない、そしてあまのじゃくなところがある。 それが愛される理由である。 猫は人間のことを、「理由はわ...

パンダの食料の99%は笹である。

パンダの食料は99%が笹である。 ほぼ笹しか食べないこの肉食動物。 食べる量が半端ない。 数十年に一度、笹が花を咲かせ、一斉に枯れる時期がある。 その時、多くのパンダが餓死をした。 教訓 人間も一つのことだけにこだわり続けてそれしか受け付けない(他からエッセンスを取り入れない)と、生死に値するピンチとなるだろう。...

ライオンの狩りの成功確率は20%しかない。

ライオンの睡眠時間は20時間。 狩りの成功確率はたったの20%。 メスがオスより強く、オスは常にご機嫌を伺う。 ほとんどの若いライオンは餓死する。 百獣の王と言われるライオンでも、5回に一回は失敗する。 そして、女性に頭が上がらない。 狩りはもっぱらメスが集団で行う。 オス一頭とメス複数で、一つのグループとなり、オスは他のグループのオスを倒すことで、プライドを守る。 ...

群れで生活するペンギンは、集団の先頭を危険にさらす

いつでも革命を起こす人は、先頭を歩いている。 革新的なアイデアを実現し、皆から歓声を浴びる。 人間と同じく、ペンギンも集団で生活している。 フンボルトペンギンはその例。 集団で、海に飛び込む時に、シャチやアザラシの餌になることも自然界ではよくあること。 一匹目が、飛び込み餌食になると、しばらく待って、もう一匹を蹴落として、肉食動物がいないか?危険がないか?を崖の上から観察...

一つのGoogleアカウントを複数人で使いたい。Googleが声認識を6人まで対応。

Googleが6人まで認識可能に 一つのGoogleアカウントを複数人で使いたい。 Googleのアカウントをいつも使っている。 Gmail、Calendar、Google Docsなどなど、一つのアカウントを複数の人が使用することはビジネスシーンだと少なくないと思います。 この度、Googleが一つのアカウントで6名までサポートするとしているようです。 下記、海外のニュースサイトの抄訳です。 抄訳 Googl...

ウェブスパムへの対策2016年。Googleは何をしてきたのか?のまとめ

ウェブスパム対策 ウェブスパムは減っているの? サイト管理人は、スパイウェアを知らずに埋め込まれている? スパムと呼ばれるものの大半は何が占める? いつも閲覧しているウェブサイト。サイトを運営している方も、ブログを書いている方も、ショップで販売している方も ウェブスパムというものを聞いたことがあるかと思います。ウェブスパムとは、インターネット上の特定の方法を用いて、ランダムあるいはターゲットした...

着用姿を提案するGoogle Imageの新機能が追加。

ECサイトの売り上げをアップしたい。 顧客にライフスタイルを提案したい。 Google Imageが新しい機能として、特定の商品を検索すると、それに伴った着用画像が表示される機能を追加したようです。 検索する人は、より商品をイメージしやすくなります。販売側は、このようなモデル画像と商品画像をきちんと検索結果に反映されるように対応しておかないといけませんね。 商品の大きさや色...

ソーシャルメディアの子供への影響を考える。子供の幸福度は最大14%低下との試算。

ソーシャルメディアと子供の平興 ソーシャルメディアと子供への関係 Facebook、Twitterなどの子供への影響 街を歩くと必ず目にするスマホを歩きながら操作している人。ここ数年で爆発的にスマホ保有者が増えました。それは大人に限らず子供の比率も上がってきています。論文の試算では、成長期の子供が75%以上もソーシャルメディアのアカウントを持ち利用しているとしており、スマホ依存になることを懸念されます。 下記のよう...