スポンサードリンク

ニュースフィードの動画宣伝の表示回数を増やそう。Facebookのビデオ動画のアルゴリズム改善ニュース。

ニュースフィードの動画宣伝の表示回数を増やそう

動画の閲覧数を増やしたい
Facebookをより活用したい
Facebookで動画の露出度を上げたい

ご自身のサービスをより詳細に紹介するために、文章だけでなく、動画を制作する場合があります。
どの動画はどのようにインターネットを通して宣伝していますか?

一番代表的なサービスは、Youtubeだと思います。
Youtubeに掲載し、他のサイトやソーシャルメディア等にリンクや埋め込みを載せる方法です。

この度、Facebookの動画掲載について、検索アルゴリズムの変更がありました。
一言で言えば、Youtubeにアップして、動画リンクをFacebookに埋め込むよりも、動画ファイルを直接アップロードする方が、よりFacebookユーザーに届きやすくなるという変更です。

引用参照元:News Feed FYI: Showing Better Videos
By Facebook公式サイト

動画の閲覧数の増加

in fact, twice as many people now watch videos on Facebook compared to just six months ago.

要約

実際のところ、6ヶ月前に比べ、動画閲覧者が2倍に増えている。

動画ランクの改善

The improvement we are making today considers whether someone has watched a video and for how long they watched it. We’re adding that to the factors we considered previously, which included likes, comments and shares. This change will affect all videos uploaded directly to Facebook.

要約

一度見た動画であるか?どの程度の長さを見たのか?いいね!コメント、シェアが直接Facebookにアップロードされた動画に関しての表示頻度、ランキングに影響を与える。

コメント

直接動画をアップロードすると、見た回数や長さが記録され、タイムラインへの表示に影響があるとしています。Youtubeなどでアップロードした動画を転用するのは、ランクが下がるようです。

ストーリーとビデオを推薦

As always, we recommend that Page owners post stories and videos that will resonate with their audience on Facebook.

要約

閲覧者との共感を促すので、ストーリーとビデオを投稿する事を当社は推薦します。

コメント

ストーリー性のある内容は、シェアされやすくなります。ビデオ内にもストーリー性があるものを採用すると、今後露出が高まります。
機能リリースに対して、投稿方法の推奨をするのは、プログラミング的にはなりすぎないFacebookならではですね。

まとめ

Facebookは、日々表示システムの変更が行われています。今回は動画です。閲覧回数や閲覧時間を取得する事で、より詳細に人気度を把握できるようになるでしょう。

あなたが動画コンテンツを制作し、Youtubeのみにアップしているのであれば、Facebookに直接アップロードするとYoutubeのリンクをシェアするのに比べ、閲覧数や閲覧人数の向上が期待できるかも知れません。動画アップロードサービスは、たくさんあります。各サービスに長所短所があるので、使い分けをしながら分析をしていけたらいいですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク