スポンサードリンク

今後の検索エンジンの変化と今後のSEOの行く末は?Warren Lee氏へのインタビュー

今後の検索エンジンの変化と今後のSEOの行く末

Googleの検索エンジンはどのような方向に向かっているのか?
検索エンジンの進化が早すぎてついていけない。
お客様の需要はどのようにとらえられていくのか?

今日、検索エンジンのアルゴリズムの変化は、非常に速く、追いついていくのは非常に大変です。ホームページやブログを持っている、でも検索エンジンからのアクセスが少ないような気がする。もっと必要とする多くの方に見てもらいたい。

検索エンジン対策をしても、せっかく上位表示されても、すぐに下がってしまったり、検索エンジンから削除されたりするケースもあるようです。
このページでは、現在SEOに関して非常に有名である人物のインタビューをお伝えします。

Warren Lee氏の見解

One of the major changes that came with Hummingbird was the personalization of search results based on an individual’s search history. Right now there are no tracking tools available that take search history into account when monitoring rankings.

Social networks like Facebook and LinkedIn are doing a great job getting to know its users and understanding who they are. Warren believes Google is late to the game by comparison and could be making better use of user data.

Something search marketers could to do prove their value to the C-suite is take the intent data they’ve extracted from search campaigns and use it to inform email marketing campaigns, display advertising campaigns, and so on.

Our conversation shifted to SEO and paid search, and whether or not you should pay for high cost-per-click keywords if you already rank for them organically. Warren’s advice is that it’s a good idea to double up on branded keywords, and stick with just organic rankings for non-branded keywords.

On that same topic, if you don’t currently have any SEO in place then Warren suggests a different strategy. Look at who is already ranking for the high value keywords you want to target, and then try to capture their audience with display advertising, remarkerting, and things like that.

To wrap everything up, Warren says that the future of SEO personalization means bringing together all the marketing vehicles that do personalization and using the intent data from search marketing to fuel those campaigns.

要約

ハミングバードの適用により、個人の検索履歴を使い、パーソナライズされた検索結果が表示されるようになりました。これが一番の変更点でしょう。現在、検索履歴がどのように影響するのか?を知るトラッキングツールはありません

ソーシャルメディア(FacebookやLinkedIn)は、ユーザが誰でどのような者なのかを知る事ができる素晴らしいサービスを運営しています。比較すると、Googleは、その競争ゲームに遅れをとっていると考えている。

経営陣に検索マーケッターの価値を示す方法として、検索キャンペーンからのデータを取り出し、Emailマーケティング会社に連絡し、広告会社に配信を依頼する事などが良い。

高価なキーワードに対して自然に検索上位表示されている場合、さらにそのキーワードに広告費をかけるか?について、そのキーワードに対して2倍の投資する事は良い事だ、そして他のブランドに関係のないキーワードはオーガニックサーチを使う方が良い。

既に高価なキーワードでランキングされている他サイトを確認し、その閲覧者へ広告を表示させる。リマーケティングのようなものが有効である。

将来のSEOに関するパーソナライズというのは、全てのパーソナライズに関するマーケティングの要素を統合し、検索マーケティングからの凝縮されたデータが今後のキャンペーンを加速させる。

引用参照元:The Future Of SEO Is Personalized Search: Interview with Warren Lee
by Murray Newlands

Warren Lee氏とは?

Warren Lee氏は、Adobe社のSEOマネージャーであり、Adobe社のSEOの責任者である。2013年にデジタルマーケティングのTop 30に入るほどのSEOに関する有名人であり、多くの検索エンジンに関する記事を有名なニュースサイトに寄稿しています。
Warren Leeについて

まとめ

パーソナライズという言葉が非常に大切なキーワードであると言えます。
Googleは、ビッグキーワードに焦点を当てて、需要を掘り出し、最適化してきたと考えます。例えば、「婚活」というキーワードでがあります。これに対して、いかにホームページやブログを上位表示させるか?をビジネスオーナーは工夫してきました。その方法に対して、Googleは最適化を重ねてきたと思われます。

しかし、今後は、検索キーワードからだけでなく、人の行動から、よりニッチな需要を引き出す方向にシフトしていくと思われます。検索キーワードだけを見るのではなく、相対的な行動から先読みして需要を提案する。そんなイメージです。

あまり特定のキーワードに固執しすぎない事です。
表面的ではなく、もっと深い部分でお客様との行動とインタラクティブに対応していく柔軟性が必要とされる時代にもうすぐなるのではないでしょう。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク