スポンサードリンク

ユーザーの状況に合わせて検索結果を最適化する?より進化するGoogleの検索アルゴリズム。

検索エンジンの基本的なコンセプト

検索エンジンのシステムが変更したけど、どうすればいいの?
うちのホームページは検索エンジンから削除されませんか?
今後サイトの価値を上げるにはどのような方法がいいの?

Googleのアルゴリズムが変更になり、多くのウェブサイトの検索結果に影響を与えています。コピーしただけのサイトは、順位を下げ、価値があるオリジナルの権威性のあるページが上位表示させるという状態になっています。
ホームページやサイトを運営する上で、検索エンジンからのアクセスは非常に大切な要素です。見つけられないホームページはない物と同じ。
検索エンジンときちんとパートナーシップを結んで、検索エンジンが取り入れるページ作りが今後より重要になってきます。

パンダアップデート以降、コンテンツが非常に重要な要素である事は、言われています。
コンテンツマーケティングの時代だ。そんな言葉が飛び交っていますね。
一般的に、権威性のある信頼性を高める長文の充実したコンテンツを用意するべきだとの見解を示しています。

検索エンジンに受け入れられるページとはどんなものなのでしょうか?
そして、どのように進化していくのでしょうか?

Googleはより検索者の目線でアルゴリズムの変更を強化しているように思います。
それは、そんなところまで細かく考えているのか?!
と思わせるような内容です。

セグメンテーションの重要性をクローズアップしてみたいと思います。
つまり、ユーザーの環境や状況によって、ニーズを自動的に検知し、それを検索結果に反映させるという技術です。

あなたのサイトは、どこまでユーザーの状況をイメージできていますか?

セグメンテーションの重要性

参考引用元:Search Engine Basic Concepts
Eric Enge, June 16, 2014

Additional Search Engine Concepts
Segmentation

This is the concept of changing the results based on what is known about the user.

For example, a searcher in Egypt will likely want different results for [wildlife] than one in Singapore would. Or, a user in Boston probably wants different results for the query [pizza] than one in Austin.

This is the concept of localization, and it is one of many ways to segment users into groups. Here are some others:

Personalization: If a search engine knows that you have been to a particular page before (in particular, recently), it could use that to promote the page to a higher spot in the search results.

Google+ connections: Google uses connections in Google+ as a way to alter rankings. If someone you follow shares or +1s something, its ranking can be promoted for you when you enter a related search query.

Time of day: Certain queries can mean different things based on the time of day. A search for restaurant at 8 a.m. is probably looking for a breakfast place, and the same query at 5 p.m. is more likely to be for a place to eat dinner.

Time of year: The same is true based on the time of year, or season. For example, clothing-related searches in November might be looking for something a bit warmer to wear.

Other recent search queries: If you searched for [hotels] and the search you did right before that was [Rome], the search engine could include some results about [Rome hotels] for you.

要約

セグメンテーション、いわゆる細分化されたユーザーのニーズに答え、検索結果を変化さえる技術です。
地域や時間によって検索結果のニーズは異なってしかるべき。
ローカライゼーションのコンセプトをサイトに適用することで、もっとニッチな需要を捉える事ができるかもしれません。
今後の検索エンジンの変更によって、どれほど細分化されるかはわかりませんが、可能性として捉えておいていて損はないと思います。

1. ごく最近に訪れたページを検索エンジンは上位に表示させる。

2. Google+内のコネクションは、Googleのランキングに影響します。誰かが記事をシェアしたり、+1を押したりする事は、効果的なプロモーションにつながる。

3. 一日の間の時間によって、検索結果は異なる。レストランを朝に調べたら、朝食を探していて、夕方に調べていたら、夕食に適切なレストランを調べている可能性が高くなる。

4. 一年を通して季節によって検索結果は変化する。季節毎のファッションに関して、厚手の服なのか、薄手の服なのか?などを自動検知する。

5. 最近検索したキーワードに依存して、検索結果を変更する。例えば、[ローマ]を検索したすぐ後に、[ホテル]を検索した場合、ローマのホテルを検索していると認識して検索結果を表示させる。

このように、検索エンジンは、探している物を予想する機能がどんどん強化されていきます。
よりニッチな細分化された需要に届きやすくなると思われます。ビッグキーワードだけでの検索エンジン上位表示ではなく、ユーザーの環境に合わせた意識されない大きな需要が今後どんどん掘り下げられていくかもしれません。

まとめ

Googleの進化は非常に早い。それは、我々の需要が非常に細分化しているから。
誰がいつどこで何を思い、何を欲しているのか?を先回りして検索する技術をより追求しているように思います。
検索するという行為は、検索者にとって利益になる結果を得ようする行動です。

検索できるのは、欲しい物がわかっているから検索する事ができる。
しかし、検索するものがわかっていなかったら、何を調べたら良いのか?がわからなくなります。

Googleは膨大なデータを使い、検索者の真のニーズを掘り下げていく。
ビックキーワードへの上位表示を目指したものだけでなく、サイト運営者も今後の変化に合わせて、細分化されたニッチなニーズに、合わせたページを増やしていく必要がありそうです。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク