スポンサードリンク

継続的に効率的にアクセスを集めたい – サイトの更新頻度を増やす需要のあるネタ探し

継続的に効率的にアクセスを集めたい

サイト更新のネタがない
ブログの更新が続かない
新規ページを作るのが本当に大変

ホームページやブログ、一番アクセスを安定的に集めるには、ページ数と内容量の拡充が一番重要です。
わかっていてもなかなか増やす事ができない。日々の仕事に追われて、サイトの更新まで手が回らない。
仕事中に思いついても、更新しようとすると忘れてしまう。そんなことありませんか?

3日で出来なくなる人、1年以上更新し続ける人。
どのような違いがあるのでしょうか?このページでは新しいネタを探し、出来る限り長くサイトを更新し続けるためのアイデアを記載します。

感動した事を書き入れよう

日々仕事をしていて、感動すること、うまく言った事、感謝された事など、お客様とのつながりを表すエピソードが存在すると思います。
お客様に関わらず、従業員やビジネスパートナーとの何気ない会話も含まれます。
感動した!嬉しかった!などの感情は、非常に伝染しやすい内容です。

もちろんお客様が特定できないように配慮する事は大切です。
生きたサイトは、感情を表現し、伝える事ができるサイトの事

ブランディングの方向性によって、感動の軸が変化する場合もあります。
事業者であっても、経営者視点、従業員視点、お客様視点。それぞれ、全く違う見え方ができるはずです。
多角的に感動を集めてアウトプットしましょう。

お問い合わせからヒントを得よう

会社や事業者の知識をひけらかすだけのサイトでは、人が集まりにくい。更新もどんどん苦しくなります。
お客様との関係性を表現する事が大切です。日々どのような会話をしているのか?どのような質問があったのか?を踏まえページ構成を考えます。

一人のお客様が持っているお問い合わせは、他の多数のお客様が持っている内容と似ている可能性があります。

質問の内容を具体的に絞れば絞るほど、しっかり伝わるページを追加する事ができます。
質問内容と返答内容を書く事で、お客様とのつながりを強調し、きちんと対応してくれる信頼性を高めるコンテンツ拡充につながります。

長過ぎる文章は分割しよう

長過ぎる文章は、効率的ではありません、そして作るもの大変です。
書き始めから書き終わりまで一環して一つのトピックについて記載する必要がありますので、高い文章制作能力が必要になります。一つの更新内容を1,000文字程度に抑え、分割してページを増やすようにしましょう。

例えば、一つのトピックを3つに分割するのであれば、3つのページを作る事ができます。
その時に、大切なのが3つのトピックのタイトルと公開日付をおおよそメモしておく事です。
更新を忘れず、じっくりページ追加の内容を検討する事ができます。
具体的な内容にに絞れば絞るほど小さな具体性のあるトピックがたくさん思いつく事ができます。

書き始めてみよう

いろいろと頭の中で考えて考えて実は何も行動できないという場合が多く見受けられます。
メモ書きをまず1行書いてみる事。それについての関連項目を書き出す。
そしてそれに肉付けする。こうする事でどんどん加速してコンテンツを書き入れる事ができるようになります。

頭の中だけで、考えるよりも書き入れてみる事がとても大切です。

まとめ

更新されないサイトは、暗く変化がない町の隅にある店舗のようなものです。
更新することで、明るく活気があり、お客様とのふれあいを表現する店舗を伝える事ができます。
人気とは、人の気があるところ、人の気をうまく表現できる事業者が人を集める事に成功しています。

人の気がないサイトにいくら広告でアクセスを集めたところで、成約につながるようなページにはなりません。ほったらかしにせずに、小さなアイデアを積み重ねていく事で、たくさんの人を集める事ができるようになります。

サイト更新のネタ探しが難しいようであれば、1度ヒアリングさせていただいております。ご興味のある方はお問い合わせよりお願いします。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク