スポンサードリンク

効果的にインターネットで集客宣伝したい。有料DVDや音声を販売するメリット。デジタル化すると全て広告となる

デジタルになると広告

効果的にインターネットで宣伝したい
ブログやホームページを充実させたい
チラシを配って集客したい

ホームページやチラシを充実すれば、集客がうまくいくのではないか?

こう考えています。
デジタル化(複製可能な状態)にすることは、オリジナルを広めるための「広告」となる。
デジタル商材と言われるものでさえ、オリジナルを売り込むため、宣伝する材料になると考えています。

ホームページやチラシは、何かを売るためのマーケティングツールです。これは周知の事実でしょう。
それをさらに露出させるために、広告を購入したりすることもあると思います。

しかしながら、
DVDはどうでしょうか?音声ファイルはどうでしょうか? こちらも実は、有料無料問わず、オリジナルを売るためのマーケティングツールとなると考えています。
複製可能なものは、制作者の魅力、オリジナルの魅力を広めるための内容である。

歌手がCDを出し、有料で配布するも、ライブに誘導し、集客するための手段です。
画家がポストカードを出し、有料で配布するも、原画購入へ誘導するための手段です。

コンサルタントやコーチ、トレーナーが、自身のノウハウをデジタル商材化するも、本人のオーダーメイドの商品には、遠く及ばない内容でしょう。

これまでのマーケティング

これまでは、DVDの売上がとか、CDの売上が、とかデジタル商材の売上が非常に目立ってきました。何か作り上げたものを売り込むための手段がマーケティングだったわけです。
見える化したものを売るのがマーケティング。しかし現在では、これだけものが溢れ、どんな内容でも手に入る世の中になりました。

ものを手に入れて、本当に感動する事が薄れてきている世の中になってきていると言えます。
電化製品も、今までは新しい機能が追加される度に、多くの人が購入してきました。しかし、それは昔の話になりつつあります。

複製可能なものは、陳腐化する。

陳腐化して、価値が限りなくゼロに近くなる速度が今非常に早い。
流行のCDやDVDが100円程度で中古で手に入る時代です。
もし、あなたが教える仕事をしていて、商材化して何かを販売しようとしたとして、そのデジタル商材自体の価値は、すごい速度でリリースした瞬間からゼロに近くなります。

●●ダイエットというメソッドがたくさんこれまで出てきたと思います。
このようなノウハウがすぐに陳腐化しているのだ代表的な例であると言えます。

これからのマーケティング

考え方の違いかもしれませんが、デジタルで制作されたものは、資産低下の速度が早いと考えます。
全くゼロであったというわけではありませんが、よりオリジナルへ接触する機会が価値になると考えています。
つまり、ものではなく、あなた自身に接触し、あなた自身の価値をオーダーメイドで個別に提供することで、価値を最大限引き出すことができます。

歌手であれば、CDから、ライブへ。
作家であれば、本から、トークライブへ。

有料でも手に入れたいというファンを集め、その上で、実際にあなたという媒体に触れる機会を提供する。
あなたという素晴らしい媒体に触れることで、今まで見えなかった新しい景色を論理的ではなく、感覚的に伝える。
この部分に大きな価値が生まれてくる。

まとめ

アナログの時代から、デジタルの時代に価値が移動しました。そして今、デジタルの時代からオーダーメイドアナログというような時代に移動してきていると思います。
希望や期待、需要の多様化によって、多くの商品が生み出されています。しかしながら、一人一人のニーズを引き出す傾聴力をもって、最適なオーダーメイドの商品を提供することへの価値が大きくなるでしょう。

教える仕事に従事する方は、特にものへの価値ではなく、教える講師に対しての講師自体への価値が高まる仕組みづくりをすることで、より大きく成長できると考えます。
有料、無料問わず、商材を作ることでファンを増やし、そのファンのために、できる事を直に触れながらその人一人一人へ提供するスタイル。
そんな仕組みが今後より強く需要が高まり、陳腐化を遅くするシステムになると考えています。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク