スポンサードリンク

iPhone/Androidへ動画配信したい。スマートフォンでVideoタグを使ってmp4形式の動画を再生させる方法。

videoタグを使う
動画を使って宣伝をしたい
iPhone/Androidのスマホでいつでも見られるようにしたい

動画の力は、人に伝える力が非常に強いです。テレビは動画です。ながら見をしていても情報が自然に入ってくるので、読むという能動的な作業を閲覧者に強いることなく、伝えることができるメディアでもあります。
パソコンはある程度知識がある方が使っている端末です。パソコンを持っている人は、スマホだけを持っている人よりもITに関する知識が比較的あると考えます。

万人向けにスマートフォン用の動画を作り、ご自身のホームページに設置していつでも見られるようにしたい場合は、どのようにすればよいのでしょうか?
現在の最新のスマートフォンは、動画をブラウザと呼ばれる既存のソフトで再生できる機能を持っています。

適切なコードを書き込めば、比較的簡単に誰でも見られる動画プレイヤーのようなものが閲覧者の負担なしに制作することができます。このページでは、スマートフォンで動画を配信する方法をお伝えします。

撮影する

何はともあれ、配信する動画がなければ始まりません。ご自身のスマホで動画撮影ができますが、できれば、きちんとしたビデオカメラで撮影することをオススメします。昔は数十万円していたビデオカメラも現在は、数万円で購入できるものが多く存在しています。三脚を立てて使えば、プロが撮影したような動画も制作できるかもしれません。投資と考えると非常に有効なものであると言えますので、スマートフォンの撮影だけでは不十分な場合は、購入をご検討ください。

まずどのようにできるのか?を試したい場合は、現在持っているスマホやデジカメで充分撮影可能です。

mp4形式で撮影する

お使いの撮影端末で、撮影時mp4を選択できるのであれば、そちらを選択してください。
できないのであれば、そのまま撮影を行います。スマホであれば、mp4形式で動画撮影ができると思います。撮影後確認して、mp4形式以外であれば、mp4形式に変換しましょう。

動画をサーバーにアップロードする

契約しているサーバーにmp4形式の動画をアップロードしてください。その後、同じ階層に下記のphpファイルを設置します。
任意の名前で構いませんが、ここではvideo.phpとします。
動画名も任意で構いませんが、ここでは、video01.mp4とします。

幅pxは、再生動画の横幅。
高さpxは、再生動画の縦幅。
を数値で書き込みましょう。例:200px

このphpファイルでは、GETと呼ばれる手法を使い、URLに変数を書き込む事で、php内に組み込みを行い、動画ファイルと連動させています。

動画をスマホで再生する

上記の設定がきちんとされているのであれば、下記のアドレスにアクセスすると動画を再生することができるようになります。
契約ドメインは、.comや.jpなどのものです。アップロードしたvideo.phpにアクセスし、ファイル名が、video01.mp4なので、video01と記入しましょう。
他の名前を使用している場合は、その名前に合わせます。

動画再生出来ない場合

上記の設定に間違いがないかを確認してください。きちんとあっている場合は、下記の設定を.htaccessの中に書き込んでみましょう。
.htaccessは、サーバー上のファイルの扱いを決めることができるファイルの形式です。見つからない場合は、ご自身で作成する必要があるかもしれません。

[code]
AddType video/ogg .ogg .ogv
AddType video/mp4 .mp4
AddType audio/ogg .ogg
AddType application/ogg .ogg .ogv
[/code]

まとめ

Youtubeなどに代表される動画アップロードサービスが多数存在していると思います。しかしながら、Youtubeに掲載すると例えシークレットにしていても、第三者に閲覧される可能性は否定できません。ご自身のサーバー上に動画ファイルを設置することで、より安全性を保つことができるようになります。少し難易度が高い設定となりましたが、慣れればそこまで難しい設定ではないかと思います。わからないことがございましたらお問い合わせください。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク