スポンサードリンク

共に受け入れるを伝える

共に受け入れるを伝える恥をかくのは嫌だな。
失敗して非難されたらどうしよう。
できなかったらどうしよう。

どうしよう。どうしよう。

こういう気持ちがどんどん大きくなって、
「自分にはできるわけがない」という信念を作り上げてきている部分が人にはあります。

「絶対に自分にはできない」と強く自分を納得させようとする気持ち。
「頑張れば克服できるかもしれない」と立ち向かおうとする気持ち。
「できないけど、自分である」と認めている気持ち。

この3種類の気持ちがあります。

例えば、
人前で話すことは、自分には絶対にできない。
人前で話すことは、できるかもしれない。
人前で話すことは、できない自分も良しとする!

3つとも、人前は怖いものであると、認識した上での気持ちですよね。
恐怖であるという感情の裏には、大きな壁があることがわかっています。

どうにかしよう!どうにかしたい!どうにかしないといけない!
こういう思いが強くなればなるほど、怖いことをできない自分への非難がどんどん大きくなっていきます。

本当はわかっています。

恐怖を自分のものにすることで、より自分が成長できるということ。
人が成長するのは、怖いと思ったこと、わくわくしてやりたいと思ったこと。

この2つがある内容をクリアできた時に、人は自信とともに、成長できます。

ネガティブな気持ちとポジティブな気持ちの両方で、ブレーキをかけながらアクセルを踏んで、それでも前に進もうとします。

アクセルを使おうとすればするほど、ブレーキをかけないといけないというストッパーが強く働きます。
アクセルもブレーキの両方の力を抑え、アクセルを少しづつ使っていくことで、楽に前に進むことができます。

恐怖を克服して前に進みたいという力には、このように2つの力が存在します。

アクセルとブレーキの両面を読者に認識してもらい、安心安全の場所を提供すること。

そして、
「一緒に受け入れよう!乗り越えよう!」というメッセージを伝えることで、人は集まります。

仲間がいるんだ。という気持ちを伝えることで、読者は心をひらいてくれます。
もちろんあなたが一番の仲間であると伝えてください。

また、あなたがリアルに感じている恐怖を共有することも大事です。
恐怖の内容がより具体的であればあるほど、力が増してきます。

楽しいことだけでつながる関係も素晴らしい。

でも、本当に読者同士がつながれる内容は、一緒に怖いことを克服していく勇気を共有できた時。

あなたが感じる恐怖、読者が感じる恐怖を真剣に伝えた上で、勇気を与えることで、愛を伝え人を集めることができるようになります。

まとめ:
– 恐怖を認識して人は3つの行動を取っている
– 恐怖を勇気で克服できたら成長できると人はわかっている
– ネガティブとポジティブの両面を受け止めること
– 一緒に恐怖を乗り越える勇気を共有できた時、人はつながる。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク