スポンサードリンク

社会への役立ちを伝える

社会への役立ちを伝える人は生きていることで、そして社会に存在していることで、絶対何かしらの影響を与えています。
普段必死に、生活するために一生懸命働いていることで、この社会性という視点がなくなってしまう場合があります。

社会性という視点を気づかせてあげることで、人は集まります。

「自分なんて何の役にも立っていない!」
と悪い影響を与えていると思っている人。

「自分がいないと社会は成り立たない!」
と良い影響を与えていると思っている人。

もちろん、この2つの感覚は、混合して一人の人の中に存在しています。

良い影響を与えていると思っていることは、もっと社会に役立てる方法を提案する。
悪い影響を与えていると思っていることは、実は、視点を変えると社会に役に立っていると提案する。

この2つの観点で、人々の生活を見てみる事で、気づき、
「あなたは、この社会に必要な人です」と伝え、力を与えることができるようになります。

あなたに関わる人の力が高まる。すると良い知識や情報があなたに集まることになります。

「あなたがいると自分の存在価値のようなものがわかる。」
そんな気持ちに読者をさせることができます。

人は、社会の一般論に影響されやすいです。
細かい例ですが、
「箸はきちんと持てないと、人間として落第」とか、
「きちんとあいさつができないと、ダメ」とか。

たくさんの固定観念が、染み付いていると思います。

その人が思っている、強みや弱みを社会に役立つこととつなげることで、人は自信を取り戻します。

例えば、
「私は大きな声を出して、きちんと意見を言えることが強みです!」
この強みに対して、この人自身が気づいていない社会とつなげられる事は何かを考えます。
意見をきちんと伝えることで、きちんと伝えられない人の力になれるとか、
大きな声を出せることで、リーダー的な気質が高いとか、
考えられます。強みをさらに強みにします。

また、弱点も実は、社会に対する強みになったりします。
「私は大きな声を出して、きちんと意見を言うことができないのが弱みです。。」
弱みを弱みだ!と思った時に、強みに変える力が湧き出します。
周りに気を使って、人の意見を聞ける人であるとか、
頭のなかを静かにすることで、アイデアをたくさん持つことができる人だとか。
人にどう影響を与え、助けてあげる事ができるかを、違う視点で伝えることが大切です。

これが、人の社会性を高める事。存在意義を高めることにつながります。

中には、弱みを克服させないといけない!といわれる方もいるかもしれません。
弱みを克服させることは、素晴らしい考えだと思います。
弱みがあるから、今を保っていることが多くあります。

子供の頃に、「知らない人に話しかけてはいけない!」と強く言われた経験。
それを、ただ守っているだけということもあります。

弱点は、社会では武器になります。役に立ちます。

人を集めるという目的においては、社会性とつなぎあわせ、弱点は強みになる。
成長させる要素であることを伝えます。

まとめ:
– 人は社会に何かしらの影響を与えている
– 良い影響、悪い影響を与えている!両方ともの読者に社会とつながる別視点を提案する
– 読者に自信を持たせてあげる事を社会性とつなぎあわせ、根拠を述べる
– 弱点は必要な感情。成長させる要素。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク