スポンサードリンク

ゆっくり歩く

ゆっくり歩くせかせかと毎日バタバタしている。
余裕が無い状態です。イメージできますよね。

ゆっくり歩くのが苦手で、いつも何かしないといけないと思っていたりする方へ。

いろいろな思いつきを得たり、できるだけ多くの人との感性を合わせるには、

歩くスピードをいつもより少しゆっくりにしてみることをおすすめします。

いつも、あれをやらないといけない!これもやらないといけない!
とたくさんの事を抱えている。

いつも忙しくしていると、気がついたら大切なものや言葉、意識さえも手からこぼれ落ちてしまいます。

ちょうど、スプーンの上に卵をのせて、すごいスピードで歩くイメージ。
手元がすごく揺れます、そして、たくさんのやることを抱えていると、それだけスプーンの数も増えます。
卵は地面に落ちて、割れてしまいます。

そのタマゴが、実はひらめきです。

このような事が、知らず知らずの内に実生活で起きていますね。

心の中で優しい気持ちを育てて、伝えようとしても、その伝え方がひらめかない。
ひらめかないということは、先ほどの卵のように、手からこぼれ落ちてしまっている状態です。

歩くスピードがゆっくりになると、周りがよく見えるようになります。

「この人はどうしてこんなファッションをしているんだろうな?」とか
会話も聞こえてきたりして「どうしてこの人はこんなことを言っているんだろう?」とか
いつも見ている場所でも、人の気遣いが見えたりしますね。

自分のことを真剣に考えるのは、素晴らしいです。
その集中力を少しゆるめて、周りの人に目を配ってみてください。

周りが見えるようになると、自分も見えやすくなります。

5分でも、1分でも最初は短い時間周りを見てみる。
最初は慣れないかもしれません。

ゆっくり歩くことで、体の筋肉が活性化します。
筋肉が活性化させると、脳も同時に活性化され、静かな集中力を作り出す効果があります。

また、人はパソコンやスマートフォンなどにより、たくさんの電磁波にさらされています。
脳の信号、体の信号は、微弱な電気で構成されています。電子機器の電磁波が体の信号の伝達を妨害している場合があります。
歩くことで、その体に流れる伝達を整える効果があるようです。

裸足で芝生をゆっくり歩くことも更に効果的。
肌が地表に触れることで、さらに体の信号の伝達が整ってきます。

スピリチュアル的な言い方をすると、
地球とゆっくりと一体化すること。
地球と一体化することで、より多くの人の意識を感じることができるようになります。

ゆっくり歩くことで、体が地球と一体であることを感じることができ、
ひらめきや意識が活性化され、愛の表現力が高まります。

まとめ:
– 壊れやすいものを不安定な持ち方をして早歩きをするのはもったいない
– 周りを見る事になれない人は、最初はゆっくりで良い。
– 歩くことで、筋肉と脳が活性化
– 歩くことで、電磁波を地面に流す
– 地球と一体であると体にゆっくり教える。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク