スポンサードリンク

信頼感はつながりを示すことで構築される

信頼感はつながりを示すことで構築される信頼感を与える投稿をしたい。
と思われている方がいるようです。

信頼感がある投稿とは、一体どんな投稿でしょうか?

誰かの投稿を見て、この人の投稿は信頼できると感じたことはありませんか?

信頼感がある投稿に、人は惹きつけられます。
そうなのか!実践してみよう!
そうなのか!依頼してみよう!

という行動を引き寄せます。

人は、どんな時に、信頼感を感じるのか?

まず一つ目は、時間です。

[A]過去 → 現在 → 未来
過去で作った出来事が、現在を作り、未来を作っていく。

[B]過去 ← 現在 ← 未来
未来で創ろうとする出来事が、現在に起こって、過去を作っていく。

人は、この2つの種類で、時間の流れを感じる傾向があります。

私はこんなことが過去にあります。
私はこんなことを未来にやります。

そういった流れを伝えることで、相手の信頼性が上がってきます。

こんな風にも言えます。

過去のあなたから現在のあなたを紹介すること。
または、未来のあなたから、現在のあなたを紹介すること。

その紹介に論拠と感情が含まれれば、あなたの愛がきちんと伝わります。

そして、二つ目は、人です。
人からの紹介です。

あなたが尊敬する人がいると思います。
一番簡単なのが、名言や本の引用です。

大学で論文を書いたことがある方はわかるかもしれませんが、論文で引用は必須です。
一部の天才は、全く引用しない人もいるようですが、引用することであなたの言葉に信頼性が増します。

ただ、引用はきちんと筋を通したやり方で行なってください。

引用文とあなたの主張を併せ持つ内容から得られるもう一つの紹介は、感想文です。
手書きの感想を集めたり、メールフォームを作ったりすることもできますが、もっと手軽にコメントやシェアを集めることで解決できます。

これらが増えれば増えるほど、人は信頼してくれるようになります。
さらに、人の意見もきちんと取り入れて投稿することで、知識豊富な人だと認識してもらえる可能性も高まります。

主張と紹介をおりまぜながら、投稿することで、人の信頼性は高まります。

まとめ:
– 時間軸で自分を紹介する
– 尊敬する人の引用をする
– 投稿の感想をもらう
– 時間と人からの紹介をきちんと取り入れると知識豊富な人だと思ってもらえる。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク