スポンサードリンク

弱いものが生き残る生存戦略。巨大なコブラをも捕食する小型の哺乳類

世界一怖いもの知らずとされている小型の動物ラーテル。
大型のに肉食獣の餌を横取りしたり、危険とされるコブラを食べてしまったりする。

ライオンの群れにもひるまず、戦いを挑み勝ってしまうほどの強者。
強すぎる武器を持っておらず、硬い背中とキバとツメで戦う。

小型で弱いからといって、その風貌に甘んじて戦いをやめることがない小動物の一つです。

猛毒のヘビに噛まれてもがいたり、蜂に柔らかい部分を刺されて転げまわったりするが、
数時間後には、元にもどるタフさがある。

弱点は柔らかいお腹である。

教訓
自分はこうである。と他人から言われ続けると、そうかもしれないから、自分を自分で思い込んでしまいがち、ラーテルは体長そこそこの小型動物。見た目は非常に弱い。
人間においても、他人からのこうであるに操作されることは非常に多い。ラーテルの強さは、自分の弱さを決めつけない強さから生まれるタフさである。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク