スポンサードリンク

友人を作ることは自然界ではどうなのか?人との関わりの大切さを、牛から学ぶ

牛は、社会性を持った動物の一つである。
一対一の勝負で勝った牛が、グループのリーダーになり、その牛が食べるまで他の牛は餌を食べることができないほど厳格なルールが作られている。
この点は人間とよく似ている。

牛は、群れの中で一番の親友を作る。
親友がいなくなると、ストレスを感じ、肉のうまみや乳の出が悪くなるなどパフォーマンスが落ちてしまう。

心地よい仲間との交わりが高いパフォーマンスを生む。
一人で過ごすこともできるかもしれないが、自然界でも友人の存在はより良い結果を生むのに必要であるようだ。

牛は、3時間しか寝ない。

教訓
人間と同じような社会性を持つ牛。一人だけで過ごすことがかえって不安を蓄積させる結果になることもある。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク