スポンサードリンク

効率良く良い仕事をする人の寿命が短くなる可能性

641A6763 Honey Bee on Sweet Clover

ミツバチはご存知だと思う。
はちみつを集めてよく働く昆虫の一種である。

働きバチは、多くの仕事を請負う。
巣の建築や幼虫の世話など多岐に渡る。
その中で代表的なものが、蜜を集めることである。

働きバチは、蜜を集め、巣の貯蔵庫にしまうのだが、
貯蔵庫しまう係りの蜂がいて、その蜂に受け取ってもらえないと、その仕事は完了しないしくみになっている。

そして蜜を受け取ってもらえるかどうかは、はちみつの質、糖度が関連している。
より質の良いはちみつを優先的に受け入れるようにプログラミングされているため、
質の悪いはちみつしかとれない蜂はいつまでたっても、その仕事を完了することはできず、逆に質の良いはちみつをとってこられる蜂は、たくさんの蜜を集めてくることになる。

ただし、質の良い蜜を集められる蜂は、よく働くため極端に寿命が縮む傾向にある。

教訓

仕事ができる蜂は、寿命が縮まる。
人間も仕事ができる人には、集中して仕事が集められるため、多忙になり、休む暇がなくもしかしたら過労死につながる可能性が高くなる。
それもまた一生の形かもしれないが、質の良い仕事をすることは、自然界ではともすると寿命を縮める一つの要因になる可能性があることを覚えておく必要がある。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク