スポンサードリンク

関心を寄せる

関心を寄せるあなた自身こんなことを思ったりしたことはありませんか?

どうして自分のこと気にかけてくれないのかな?
どうして理解してくれないのかな?

全くないという人はいないはずです。
自分の事を理解してほしい。人は常にそう願っています。
心の内側で、人は自分に興味を持ってもらいたいと思っているのです。

そう、関心を持ってもらいたい。
関わる心。関わって欲しいのです。

関わるとは、しっかりと大切な部分を理解してもらいたいという意味です。
ただ単にかまってほしいと思っているわけではありません。

誰も自分のことをわかってくれない!
誰にも心を開かない!そう思って仮面をかぶって生活している人が実に多い様に感じます。

素で接することができるのは、ごく一部の親しんだ友達だけですよね。

ネット上で、投稿を読むときに、読者は心の中でこう思います。
「私の何がわかるんだよ?」

あなたの書いた文章を読み進めていくうちに、自分と違う部分を探して否定しようとします。
「やっぱりこの人も私のことわかってくれない。だって、ほらこう書いてあるじゃない?」

心の中でどんどん、定義づけて行きます。
文章書いているあなたは、自分の役には立たない存在だろうと。

これは、情報に強い人であればあるほど、否定する力を強くなります。
たくさんの情報を得てきた自信がそうさせます。

ここで一つのテクニックです。

質問をしてみましょう。

あなたは興味がある人がいたら、どうしますか?
質問しますよね? 質問する力が大切です。

その質問の答えが、その人が言いたくてしょうがないことだった場合は、話さずにはいられなくなります。
誰もわかってくれない。聞いてもくれないことを、質問してくれる人がいる。

こんなに感動することはないですよね。

人をきちんと観察して、具体化して、その人が言いたいと思うことを言わせてあげる。
考えさせてあげる。そういう愛を使ってください。

「こんな質問してくれるなんて、きっと信頼出来る人なんだろう」

そう思ってくれたら、人は心を開いてくれます。
わかってもらえると判断した時に、人は心を開きます。

「何か困っていることはありませんか?手伝いましょうか?」
という意思の流れを保ちながら、これを派生させて、質問を考えましょう。

最初は、簡単な質問でも良いです。
生活スタイルを具体的に持ちながら、相手に今必要な質問をネット上で投げかけていきましょう。

まとめ:
– 人は関心をもってもらいたい
– 心をひらいていない人は、あなたの投稿を懐疑的にチェックします。
– 言いたいことを言わせてあげる。
– 的を得た質問をすることで人は信頼を抱く。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク