スポンサードリンク

Googleのビジネス情報の信頼性向上。Google Mapのビジネス情報が最適化。

実店舗を運営している
地図にきちんと掲載したい
お客さんに見つかるように設定したい。

実店舗を運営していく上で、Google Mapなどの地図サイトにきちんと掲載されることはもう不可欠な要素になっています。
Googleで検索結果に店舗情報が反映されていないと見つけることができずに来店される機会を損失することにつながります。

店舗を構えたらまずGoogle マイビジネスに登録することをお勧めします。
こちらは無料です。
Google マイビジネス

現在のGoogleのビジネス情報について、下記のようなデータがあります。
スマホで検索し来店する機会が今後増えていくることが予想されます。ボイスサーチの台頭も顕著です。
きちんとしたデータを掲載することで、定期的な来店が可能となりますので、しっかりやりましょう。

抄訳

Googleは、Google Mapのビジネス情報のうち、「現在0.5%以下に虚偽の情報」を抑えられていると報告している。新しい手法を用い、85%もの虚偽のビジネス情報がGoogle Mapに掲載される前に検知、非表示にできているとしている。また、2015年のピーク時の70%の悪質情報を減らすことができている。そして、70%の悪質情報へのインプレッション数を減らすことができているとしている。

Google said that while “fewer than 0.5 percent of local searches lead to fake listings,” they still want to reduce the chance of anyone finding a fake business on Google Maps. The new procedures have led to Google being able to detect and disable 85 percent of fake listings before they even appear on Google Maps. They also have reduced the number of abusive listings by 70 percent from their peak back in June 2015. (See chart below.) And they have reduced the number of impressions to abusive listings by 70 percent, Google said.

引用元: Google says it has reduced fake Google Maps listings by 70% since 2015

まとめ

2015年以降、Googleはどんどん進化し、嘘の情報を排除し、真の情報だけを掲載できるようになっていきます。
発信する情報は、きちんと精査した上で、掲載していく。信頼性を築いていくという点において、積み重ねていくすこしづつの信頼性が大きな飛躍を生むきっかけになると思います。
検索エンジンと戦わず、無視もせず、上手にビジネスと組み合わせることで大きなブーストの役割を担ってくれると思います。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク