スポンサードリンク

どうしたら良いか?の解決法を教えるのではなく、自分で決める場所を作る

どうしたら良いか?を教えるのではなく、自分で決める場所を作る

アイデアをわかってもらえない。
自分の意見が通らない。
ちゃんと質問に答えているのに、全然通じない。

アイデアを一生懸命伝えているのに、人に伝わらない。
そんな事はありませんか?

正当な意見を言っている。
論理的に間違っていない。

なのに、どうして受け入れようとしないんだ?
そんな疑問です。

自分のサービスを受け入れてもらえない。
これは、サービス提供者としては、大きな問題となります。

「もう伝わらないなら、やめちゃおうかな」
と思うかもしれません。でもちょっと待ってください。

押しつけは良くない。
そんな言葉を聞いた事があると思います。

知らず知らずのうちに押しつけを行ない、サービスを受けさえすれば、幸せになる。
そういうやり方をすればするほど、人は集まりにくくなります。

では、どうやったら効率よくできるのでしょうか?
このページでは、サービスを効率よく伝えるためのヒントをお伝えします。

人の意見は一般的に聞かない。

「どうしたら良いですか?」という質問。
つまりは、問い合わせですが、最初の接触で質問者が無意識の中で感じている事は、
「変わりたくない、自分を変えられる人なんていない」という事。

本人は、いろいろな人の意見を取り入れ、「変わりたい」と言葉では言います。
しかし、無意識の中では、「変わるものか!」と決意しています。

この段階で、「こうしたらどうですか?」という提案をしたとしても、質問者の方が実行する可能性は非常に低い。

健康になるにはどうしたらいいですか?
人間関係をうまくやるにはどうしたらいいですか?
結婚するにはどうしたいいですか?

正当な回答を並べたとしても、
その意見は、質問者にきちんとこの段階では届く事はありません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

押しつけは良くないの意味。

「こうこうこうしたら、うまく行くから絶対やてみな!」
そうやって「押しつけ」を行なって相手に行動をうながすとします。

質問者は、「わかりました!」というかもしれません。
あるいは、「そんなことできるわけないだろ!」と怒るかもしれません。
もしくは、無関心に通り過ぎてしまうだけかもしれません。

押し付ければ押し付けるほど、相手の心は固くなります。
そして、一つの言葉が頭をよぎります。

「お前に何がわかる!」

押し付ける事で、相手の信頼関係が減っていきます。
極端な話こういう事です。

「トマトはオレンジに決まっている」
と証言している人に、
「トマトは、赤だよ当たり前でしょ!」
という。

オレンジ!赤!オレンジ!赤!
と不毛な戦いをする事になります。

これは、極端ですが、あいまいな事柄では、このような事が日常的に起こっています。
押し付ける事は、信頼性を欠くことにつながります。

オレンジでも良い、赤かもしれない。
焦点をあいまいにして、2つの意見の中間点を探す事で、相手を楽にする事ができます。

気づいてもらう場所を作る。

サービスの良さをわかってもらうために、押しつけがダメなら、どうしたらよいのか?
それは、「良さを自分で気づいてもらう場所を作る」という事だと思っています。

自分で気がついた事を否定する人はまずいません。
「あ!そうだったんだ!」
そういうひらめきを輝かせる場所を作る事で、質問者は、新しい一歩を踏み出す事が楽にできるようになります。

安心できる場所を作る事で、質問者が自然と自分自身を整理し、ひらめきを育てます。
そのひらめきを実現するために、あなたのサービスを提供するという位置づけであれば、より楽にサービスの良さをわかってもらう事ができるようになります。

ネット上のコミュニティでは、それが可能だと思っています。
自分の意見を強く主張する事は、時には必要です。

それは、ひらめきが生まれた人に告げる事がより効果的です。

まとめ

毎日ブログやサイトを更新している。
自分自身のサービスをたくさんの人に主張している。

でも、うまくいかない。
そんな時は、聴き役に回ってみてください。
その上で、同じような感性を持つ人と引き合わせる。

その小さなコミュニティが、新しいひらめきを生み、解決法を自分で見つける助けになります。
その上で、自身が提供するサービスにつなげる。

質問者の質問の本質を理解し、
その質問に寄り添い、同じ仲間とつなげる。

こんな意見が出るかもしれません。
「やっぱりあなたには私は変えられない」

この段階では、この質問者を変える事は誰にもできません。
唯一変える事ができるのは、ひらめきを持っている自分自身。

変わったその方をもっと広めるのが、あなたのサービスの使命かもしれません。
ひらめきを与えてくれる人には、人が集まります。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク