スポンサードリンク

サービス提供者にとって質の高い人を集める方法!好きな人を思い浮かべながら更新しよう

好きな人を思い浮かべながら更新しよう

どんな人とつながりたいですか?
どんな人ならあなたを高めてくれますか?
どんな人と仕事がしたいですか?

人が集まらない。集まってもなかなか価値が生まれない。
サイトを毎日運営している、ブログを毎日更新している。
でも、あまり成果が出ない。。

一つ質問があります。
誰に向かってそれを発信していますか?

どんな人に愛を注ぎたいですか?
どんな人にそれを提供したら価値が生まれますか?

あなたはどんな人と一緒にいるのが一番楽ですか?
その人と一緒にいる事で幸せになれますか?

サイトやブログはラブレター。
好きな人へ届ける手紙です。

このページでは、人を集めるコミュニティの更新のヒントをお伝えします。

大勢が歩いている道をイメージしてみる

例えば、あなたが一人、道を歩いているとします。多くの行き交う人がいます。
ファッションに気を使っている人や、考え込んでいる人、悩んでしまっている人、希望に満ちている人、様々です。

ただ一つ異なるのは、見た目だけではない情報も含まれます。

例えば、
育児を真剣に考えている人。
美容で悩んでいる人。
ファッッションについて誰か一緒に頑張れる人はいないかな?
と思っている人。

本当に多種多様な考え方が存在していて、たくさんの人が歩いています。
あなたが関わりたいテーマはどのようなものでしょうか?
まずは、イメージしてみてください。

声のかけ方を考えてみる

大勢が道を歩いている。
その人たちが集まってくるような内容を想像してみましょう。

どんなテーマで、どんな事を考えている人と一緒にいたいですか?
コミュニティとは、人が集まる場所を作る事、道を歩いている人を呼び止めて、参加してもらう動機をうまく作り出す必要があります。

これだけ情報があふれているので、言うなれば、通りに大道芸人がたくさんいる状態です。
最初の3行程度で足を止めるかどうかが決まってしまいます。

「こんにちは」なんて文字で、最初の行を使うなんでもったいないです。
最初の一行目が鍵です。

最初の3行で興味を持ってもらい、
次の3行で共感してもらい、
次の3行で、納得したもらい、
次の3行で、一緒にいたいと思ってもらう

一番心に響く表現方法を考えましょう。

それを大声で言えますか?

宣伝を恥ずかしがっては、伝わりません。
また、継続できないとその効果も半減します。

声が小さいと道で宣伝しようにも伝わりません。
この声とは、自信の事です。

家族に言っても恥ずかしくない事ですか?
友人に言っても恥ずかしくない事ですか?

自分なんてそんな事言う価値がない。

そう思っているのであれば、その内容は再度吟味する必要があります。

静かなワクワクがあるのであれば、大丈夫。
ただ、世の中のためにやる、流行だからやるというだけだと、参加者に見透かされてしまうため、失敗する確率が高まります。

自信を持って、伝える事ができる内容かどうか?を考えてみましょう。

愛のある多様な表現を使う

伝えたい内容ができた。言葉を紡ぎ出せた。
それに対して、自信もある、家族に堂々と言える。

実は、
言葉は、コミュニケーションの10%にも満たないと言われています。
つまり、言葉だけでは不十分です。

写真やイメージ、音や声などを使って、表現の幅を広げましょう。
そうする事で、振り向いてくれる可能性が高まります。

多様な表現方法は、あなたの愛のある言葉が、強く心に響くのを助けてくれます。
宣伝に関して、人は言葉を読む前に、イメージや音で捉える傾向にあります。

コミュニティの本質を表す内容をすぐに理解できる追加の表現方法を使用しましょう。

集まる人に勇気を与える

人が集まり続けるためには、留まってもらう必要があります。
そうでなければ、穴の空いたバケツに水を注ぐようなものです。

そうするために、自然体でいられる場所を作り出す事が必要です。
運営者を含め、参加者が相互に高め合う事ができる場所を作り出す事が大切です。

人に勇気を与え、希望を与え、強さを与え、一緒にいたいと思ってもらえるコミュニティを作る事は、運営管理者自身の心が自然体であればあるほど、強くなっていきます。

常識にとらわれず、参加者の信念に寄り添い、自分の信念と呼応させる事で、居心地が良い場所が作り出されます。

ここにいるだけで、気が高まる。
そんな場所を作っていきましょう。

まとめ

まず始めに、どんな人と一緒にいたいのか?を考える事が大切です。
愛する人は誰なのか?自分を愛してくれる人は誰なのか?をこれまでの経験から考えてみましょう。

流行っているからやる。
という流れも構いませんが、その流行っているテーマの中の一部に愛を与えられる場所があるはずです。

その部分を抜き出し、強調させる事で、居心地の良い場所を作り出す事ができるようになります。
顧客同士のつながりを強化するのは、難しいと言われています。

絞ったテーマをさらに絞り、コミュニティ運営者の自然な愛が注げる場所であれば、参加者の活性化が期待できます。
上質な参加者を集めるとは、コミュニティ運営者の愛の焦点の傾け方に関係しています。

特に難しい事はありません。
愛を絞って、場所を絞って注ぎ込んでみましょう。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク