スポンサードリンク

サイトのアクセス解析をすぐにどこでも確認したい。Google Analytics公式アプリのリリース

Google Analytics公式アプリのリリース

サイトのアクセス解析をスマホで見たい
Google Analyticsをもっと活用したい

Google Analyticsの公式アプリがリリースされました。
サイトの状態をいつもチェックする事が難しい方へ、お使いのスマートフォンで簡単にチェックする事ができます。

実際に使ってみました

Google Analytics公式アプリGoogle Analytics公式アプリ

現在iPad用には、最適化はされていないです。ハンディなスマホのみの対応となっています。
タブレット用では、もしかしたら他のアプリか、ブラウザで確認した方が効率的かもしれません。

筆者も実際に使っていますが、ざっくりとしたデータを眺めるのにちょうど良いと思っています。
サイトが壊れた!時や何か異常がある場合は、このデータに表示されるので、そういう意味では非常に重宝しています。

時間別アクセスが見やすい

青のグラデーションを使い、時間別にアクセスの濃度がわかりやすく表示されます。
一番アクセスがある時間帯に、イベントの告知などを行なうと効果的である事がわかります。

曜日別アクセスが見やすい

日付別に折れ線グラフで表示されます。どの曜日が一番アクセスが集中しやすいのか?を把握する事が出来るので、便利です。

アクセス経路を把握しやすい

検索エンジンからなのか?ソーシャルメディアからのアクセスなのか?を円グラフで確認できるため、視覚的に認識しやすいです。

リアルタイムアクセスが見やすい

現在何人がサイトを閲覧しているのか?が数字で表示されます。どのページをどのような検索キーワード(取得できる範囲があります)で確認できるため、リアルにユーザーの需要を感じる事ができます。

複数サイトはもちろん管理できます

通常のGoogle Analyticsと同様に、複数アカウントの切り替えが可能です。複数のサイトを運営しているのであれば、重宝しますね。

Google Analytics公式アプリを使ってみる

無料なので、実際に使ってみて、自分には合わないと思ったらアプリ自体を削除するだけなので、コストもリスクもかかりません。
Google Analyticsの公式アプリなので、もしかしたら、今後使い勝手がよく改良されていく可能性を秘めています。
サイト管理をきちんと行い、リアルなユーザーの動きを把握したいのであれば、使ってみる価値はあるかもしれません。

iPhoneやiPad用のiOS用
ロボットのマークが有名なAndroid用

まとめ

アクセス解析は非常に面白い分野ですが、データに固執しすぎては、愛を表現するマーケティングは難しくなります。

データからデータに現れない部分を感覚で捉えていく事が大切です。Google Analyticsは、セキュティの高いSSL形式になったため検索キーワードの取得が、難しくなっています。どのページをどの時間帯にどれだけ閲覧されているか?を把握する事がサイトを理解する事につながります。

店舗を運営しているように、お客様がどの商品を手に取っているのか?をまるで隣で見ているように?把握できるツールに今後なるかもしれません。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク