スポンサードリンク

追加ページが検索エンジンに登録されたかどうかを調べたい。アクセスアップの方向修正。

検索エンジンに登録されたかどうかを調べたい

きちんと検索エンジンに登録されているか?
追加ページがGoogleに認識されているかどうか?

アクセスアップのために、お知らせやブログ、ページ追加を日々行なっていますか?
そのページ、検索エンジンに登録されているかどうか?を確認しながら進めていますか?検索エンジンに登録拒否された状態で、ページを追加し続けても、効果は半減します。

需要のあるキーワードで上位表示させることも大切ですが、まずは検索エンジンにきちんと登録されているかどうか?を確認する事が大切です。

ただ更新し続けるだけなら、ハンドル握らず、信号を確かめずに、アクセルを踏んで進めば良いというイメージに似ています。

サイトの効果を最大に近づけるために、まずはきちんとインデックスされているかどうか?を調べましょう。

Googleは大きな川

はじめに、おかしな例えかもしれませんが、Googleは、大きな川に例えられます。
サイトを作り、その大きな川に水を流す事で、Googleから水を注入する事ができるようになります。

水をGoogleに流すということは、コンテンツを提供するということ。
Googleから水を得るという事は、アクセスを得るという事です。

インターネットで最大級の検索システムを提供している検索エンジンとまずは、協力する事が大切です。

Googleに登録されているかどうか?を調べよう

Pingを送信していれば、比較的短時間で、検索エンジンに登録されることになります。
現在は、非常に早く、1週間以内というのがほとんどだと認識しています。1ヶ月経っても登録されないという場合は、ページの構成や内容を再検討する必要があります。

下記のようにして、ご自身のサイトが登録されているかどうか?を確認する事ができます。

1.「タイトル」でそのまま検索する

設定したタイトル(タイトルタグに入力されている文字そのまま)を入力して、Googleで検索しましょう。そのままのタイトルで表示されれば、問題なくインデックスされています。

2.「””」で囲んで検索する

タイトルやコンテンツの主要部分を””で囲んで検索します。これは、exact検索と呼ばれ、そのままの文字が検索エンジン上に登録されていないか?を調べる事ができます。
検索エンジンにインデックスさせたい文章(要点)がそのまま登録されていなければ、改善する必要があります。

例えば、このように検索してみたら、当サイトの記事が出れば良いという事です。

“未来志向は、過去志向の人の思考を引っ張る。”

現在は、きちんと表示されているようですので、インデックスされています。

3.「URL」でそのまま検索する

URLをそのまま検索する事で、きちんとそのページが登録されているかどうか?を調べる事ができます。
特殊なパラメーターや文字を使っている場合は、検索エンジンが、はじいてしまう場合があります。

URL(サイトアドレス)は、非常に大切な検索エンジンの登録基準の一つであるようです。登録されやすいURLを採用しましょう。

4.「site:http://」で検索する

site:の後に、ご自身のサイトのURLをそのまま入力すると、ドメイン内のインデックスページ一覧を表示させる事ができるようになります。これにより、どのような状態でサイトが登録されているのか?がわかるようになります。

この検索で、タイトルに注目すると良いと思います。Googleはタイトルの置き換えを頻繁に行なっています。
タイトルが自動的に書き換えられているのなら、意図しないタイトルに置き換わっている可能性があります。

その場合は、ページ全体の構成や内容をきちんと再検討する必要があります。

まとめ

検索エンジン上位表示の前に、検索エンジンに登録してもらう事が第一段階です。
その上で、サイトの信頼性や価値を高めていくために、ページの構成を考え、追加していき、ニッチなキーワードを網羅していくという流れになります。

アクセスアップできていないというのであれば、まず検索エンジンに登録されているかどうか?を疑ってみるもの良いかもしれません。
検索エンジンは日々進化しており、仕様も変化しています。

以前は検索できたのに、今はできないという状態であれば、サイトの構成を見直す必要があります。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク