スポンサードリンク

検索エンジン最適化に感情は必要か?著作者の感情とSEOの関係性を考えてみる

検索エンジンと著作者の感情との関係

検索エンジンと感情は関係あるの?
感情を無視して作業を行った方が良い?
事業に感情は邪魔?

サイト運営を行なう際に、ページの更新や新しいアイデアの公開を行なっていくと思います。
その中で、どうしても伴う感情の動き。

やった方が良いのかな?やらない方が良いのかな?
面倒くさいな、いやいやそんな事言っている場合じゃない。
こんな事をして何になる?全く無駄。

ポジティブな感情も生まれます。
このアイデアが広まれば、素晴らしい社会になるはずだ!
素晴らしい情報を公開できる!
嬉しい!楽しい!

サイト運営をしている、どんな感情が主に出ていますか?
そして、その感情は必要なのでしょうか?

感情を分析する会社をGoogleは買収している

Fflick
Fflick

FlickはGiggの社員によって立ち上げられたもの。レコメンド検索などを強化する動きが2011年にありました。
Googleは、人の需要をつなげる企業ですので、心理学や感情といった目に見えないものを扱う事に力を入れている可能性があります。

検索エンジンと感情は無関係?

感情は、全くの無関係であると仮定してみましょう。

全く感情なく、顔は、無表情。笑顔も怒りもない。
スーツ姿でただただ、文字を打ち込んでいる。次々に記事が出来上がる。

イメージできますか?

困ったな〜とか。
うーん。難しい!とか
うまく言った!良かった!とか

全くない状態です。

ずっと同じ顔でひたすら文字を打ち込むサイト管理者がパソコンの前にいる。

感情は必要ない?

感情がない状態で、サイトを更新し続ける。
イメージできてきましたか?

極端ではありますが、
無表情で何も感じない状態が、サイト運営に必要な状態であると思えますか?

質問を変えると、
人を引きつけるページが感情なしに作れると思えますか?

検索エンジンは機械だから、人の感情なんてわからない。
と思われるかもしれません。

しかし、現在Googleは感情を分析するシステムを導入していると考えられます。
感情を上手に流す事は、今後の検索エンジン最適化には、非常に有効な手段ではないでしょうか?

人は感情で動く生き物

行動をする時に、必ず感情が伴います。感情が先です。

やりたい。
or
やりたくない。

このシンプルな2つの感情に分類されます。

なぜやりたいのか?
なぜやりたくないのか?

は、その次に考えます。
感情ファーストです。

論理的に考えている人ですら、感情の力には、負けてしまいます。
素晴らしい知識をもった有識者が、恋愛になると感情を吹き出して止められなくなるのが良い例です。

一時期感情マーケティングというものが流行ました。
相手を感動させ、共感し、急がせるというものです。
※詳細は割愛します。

そう、感情を伴った作品(サイト)を構築する事は、人を魅了するのに非常に大切な要素であると考えられます。

検索エンジンのその先へ?

現在、SEOと言えば、キーワード!キーワード!とキーワードが大切だと騒いでいます。

感情には、言葉が存在しません。
嬉しい気持ちを言葉に本当に表現しようとすると、比喩を使ったり、もっと間接的な表現を使ったりするようになります。

鬼のように嬉しい!
若い世代は、こんな風に使うかもしれません。

日本人の美徳としての繊細さは、感情できるだけ的確に表現しようとした結果ではないでしょうか?

もっと美しい感情を使い、もっとサイトを素晴らしいものに、日本人なら出来ると思います。

喜怒哀楽をサイト運営に使おうというと、拒否感を示す経営者も多いかもしれません。
検索エンジンの流れから、感情を読み取るシステムは今後強化されていくでしょう。

まとめ

感情の活性化については、本当にきりがないものですが、もし感情を押し殺してサイトを運営されているのであれば、ちょっと立ち止まってみてください。

閲覧者が何も感じないサイトは、何も提供できていないサイトです。
感じる事は大切です。
というと感情論になりますが、テクノロジーとエモーションの両方を組み合わせて、今後は素晴らしいサービスを展開していく事は、重要になってきます。

あなたのサービスのファンです!と言ってくれる人に感情が存在するように、感情を伝える事で、感動がより多くなっていき、サイト運営の力が高まっていきます。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク