スポンサードリンク

Googleのペナルティを回避し登録ページを増やす-内容の薄いページを最適化する方法

検索エンジン最適化、内容の足りないページを最適化する方法

内容の薄いコンテンツを改善したい
検索エンジンにできるだけ登録したい
検索エンジンからの集客を増やしたい

Googleの仕様の改善により、内容の薄いページは、削除されたり、ランク外になったりするようになりました。

何かを探そうとする時に、もちろん専門家に問い合わせる場合もありますが、多くは無料の検索エンジンのGoogleを使います。
Googleからのアクセスが減ると、それだけ新規のお客様が減る事につながります。

このページでは、USの良質な記事を元に、内容の薄いページをどのように改善できるのか?を説明させていただきたいと思います。
閲覧者にとって有益なページにする事で、Googleは、あなたのサイトの内容をできるかぎり登録しようとします。

サイトを改善、改良するヒントになればと思います。

引用参照元:How to Avoid Google Thin Content Penalties
By Adrienne Erin

どんなコンテンツが嫌われるのか?

内容が薄いとみなされペナルティを受ける可能性があるコンテンツって何?
以下の内容のページが該当します。英語の内容を要約させていただきました。

  • Duplicate content
  • Pages with lots of affiliate links
  • Doorway pages
  • Automatically generated content
  • Article syndication
  • Lots and lots of images on one page

要約

  • コピーコンテンツ
  • アフィリエイトリンクが多いページ
  • 誘導ページ
  • 自動生成コンテンツ
  • 記事シンジケーション
  • 1つのページに画像がたくさんのもの
コメント

オリジナルの文章、オリジナルの画像、その他オリジナルのコンテンツがないものあるいは少ないページが該当します。
また、オリジナルであっても、画像だけというページも、Googleの登録には不向きのようです。画像一つ一つに説明やキャプションを入れる事で、対策が出来ると思われます。

どのような対策が考えられるのか?

内容の薄いページが発見された!でも、どうやって改善したらよいかわからない。。。。

ご自身で作った物を1度壊して改良するのは、非常に手間がかかるものです。一つの視点から物事を考えすぎると打開策がなかなかおもいつかなくなってしまったります。

以下、参考にして、該当する内容の薄いページを変更するヒントにしていただければと思います。

ライターに依頼する

1. Send it to Rewrite

コピーライターに文章を依頼してもらうのも1つの方法です。プロが書いた文章は、人を引きつけ検索エンジンのみならず、共感を呼び、多くの人に伝達する可能性を秘めています。
しかしながら、サイト独特のオリジナリティを失う可能性もあるため、(言い回しや言い方など)バランスの調整が必要になります。

ページを統合する

2. Merge Your Pages

内容が薄いコンテンツを複数に渡ってページを分けて記載ている場合、一つのページにする事で、強いページが出来上がります。
Googleは、量より質の高いページを好んで登録します。内容の薄いコンテンツだからといって、削除せずに、一つのページのまとめ充実したコンテンツを作り上げるのも一つの方法です。

インタラクティブなコンテンツを用意する

3. Consider Interactive Content

  • Surveys
  • The ability to “favorite” something on the page
  • Embedded Google Maps
  • Quizzes
  • Interactive FAQs

要約

  • 調査アンケートの設置
  • 何かをお気に入り登録できる仕組みの導入
  • Googleマップの埋め込み
  • クイズの設置
  • インタラクティブなFAQs
コメント

インタラクティブに閲覧者がアクションを起こせる仕組みを導入してみましょう。エンゲージメントが高いページは価値があると判断されます。
ご自身のサイトにGoogle Analyticsを導入している場合は、滞在時間が記録されています。

コメント機能などを充実させ、コミュニケーションを取れる機能を追加するのも一つの方法です。

内部リンクを減らす

4. Decrease the Internal Links

内部リンクがSEOには良い効果があると言われていますが、多すぎるページも問題です。

内容が薄いコンテンツに無数のリンクがあるページは、ペナルティとなり、削除される可能性が高まります。
内容を統合するなどして、回避しましょう。

よりフォーカスした内容に強化する

5. Beef Up Regionalized Pages

1つのページをただ単にコピーするのではなく、もっと深く掘り下げた洞察や自分なりのコメントを記載しましょう。
より詳細にコンテンツを掘り下げる事で、他のページとの差別化を行う事ができます。

まとめ

ページを日々追加していく事は非常に大切な事です。
内容の薄いコンテンツのみを追加し続けても、検索エンジンからの評価は低いままとなり、サイトの価値が上がる可能性は低くなります。

充実したコンテンツを閲覧者に届ける事。これが最大のSEOです。

Googleが懸念している事は、検索結果に内容が薄いコンテンツが多くなり、検索エンジンの信頼性が低くなる事。

凄まじい数のページが毎日追加されていく中で、Googleが選り分け、本当に価値のあるものを取り入れていくアルゴリズムにシフトしていると考えられます。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク