スポンサードリンク

サイトが重くてアクセス数が下がる?JavaScriptの使用と検索エンジンとの関係で注意すべき点

JavaScriptの使用と検索エンジンとの関係で注意すべき点

機能が多すぎてサイトが重い
複雑な機能があるサイトは便利だけど、検索エンジンにとっては?
JavaScriptの多用はアクセス数が下がる?

JavasScriptというプログラミングを使えば、インタラクティブな機能や目を見張るような美しい表現をサイト上に作り出す事ができます。
テキストやイメージが動いたり、変化したりしているのをご覧になったこともあるかもしれません。複雑すぎる機能が備わっているサイトは、検索エンジンからの評価が下がる傾向があるようです。

このページでは、JavaScriptをサイト内で使用する際の注意点をGoogleの公式アナウンスよりお伝えしていきます。

引用参照元: Understanding web pages better
Friday, May 23, 2014 at 9:00 AM

Google公式アナウンスによるJavacriptの対応について

* If resources like JavaScript or CSS in separate files are blocked (say, with robots.txt) so that Googlebot can’t retrieve them, our indexing systems won’t be able to see your site like an average user. We recommend allowing Googlebot to retrieve JavaScript and CSS so that  your content can be indexed better. This is especially important for mobile websites, where external resources like CSS and JavaScript help our algorithms understand that the pages are optimized for mobile.

* If your web server is unable to handle the volume of crawl requests for resources, it may have a negative impact on our capability to render your pages. If you’d like to ensure that your pages can be rendered by Google, make sure your servers are able to handle crawl requests for resources.

* It’s always a good idea to have your site degrade gracefully. This will help users enjoy your content even if their browser doesn’t have compatible JavaScript implementations. It will also help visitors with JavaScript disabled or off, as well as search engines that can’t execute JavaScript yet.

* Sometimes the JavaScript may be too complex or arcane for us to execute, in which case we can’t render the page fully and accurately.

* Some JavaScript removes content from the page rather than adding, which prevents us from indexing the content.

日本語化ボタンがありましたが、何を言っているのかいまいちわからないので、こちらで要約して伝えます。

要約

JavascriptとCSSの外部ファイルをrobot.txtなどで、ブロックしている場合は、通常閲覧者と同様にサイトをきちんと見る事ができません。外部ファイルをブロックせずに、公開する事を推奨しています。

クロールのリクエストをウェブサーバーが許可していない場合は、あなたのページに対してネガティブな動作をする可能性があります。Googlebotにより、取り込む許可をする事を推奨しています。

お持ちのウェブサイトを機能面でダウングレード(複雑な機能を減らす)する事はとても良い事です。JavaScriptに互換性がない場合を閲覧者にとって快適にブラウジングする事が出来ます。また、JavasScriptをオフにしている閲覧者、そしてJavaScriptを実行できない検索エンジンへも有効です。

あなたのサイトにあるJavaScriptは、検索エンジンにとって、難解で複雑すぎるかもしれません。それが理由でページを完全に取り込む事ができない場合があります。

JavaScriptによって、非表示にされたコンテンツ(追加ではない)は、検索エンジン登録はできません。

まとめ

複雑なコンテンツは、非常に魅力的に映ります。検索エンジンにとっては、複雑すぎて、登録できないものもあるようです。JavaScriptなしでも正常に稼働するページを作り、できるかぎり漏れがないように検索エンジンに伝える事が非常に大切であると言えるのではないでしょうか?

JavaScriptはコンテンツを表示したり、非表示にしたりする事で、閲覧者を魅了する機能が多く含まれます。表示を隠すと検索エンジンに大切なコンテンツが登録されません。

もし、魅力的な動きを表現するサイトを作成する必要があるのであれば、検索エンジンに登録してもらうページと多機能で魅力を伝えるページとで分ける事が有効であると思われます。魅力的なサイトが出来ても、検索されないようでは本末転倒です。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク