スポンサードリンク

Google Adwordsはオーガニック検索に影響する?ゲストブログやリンクホイールのSEO効果は?

2つのよくあるSEOに関する間違い

Adwordsの購入は通常検索に影響する?
誰かに推薦記事を書いてもらうのは良い事?
サテライトサイトを作って、一つにリンクを貼るのは効果的?

Googleの広告を購入すると通常検索やサイト自体の価値があがるのか?
一時期問題になりましたが、ステルスマーケティングとして、第三者にサービスの紹介をしてもらうのは検索エンジンにとって効果的でしょうか?
たくさんの小さなサイトを作って、リンクをつなぎ合わせていく事は有効でしょうか?
現在たくさんの意見がありますが、Googleのスパム対策チームのMatt Cutts氏が公式にこれに関して見解を示しています。

2つの大きな誤解

GoogleのMatt Cutts氏によって、よくある2つの検索エンジンに関する神話(誤解)が公開されています。
引用参照元: Google’s Matt Cutts talks about two popular SEO myths
Posted by André Voget

Google claims not to change the search results to make more money
According to Matt Cutts, buying or not buying Google AdWords ads has no positive or negative impact on the rankings of your website. He also says that Google does not make changes to the organic algorithms to encourage people to buy ads.
Given the fact that Google’s result often only show paid ads in the visible area of the search results (i.e. you have to scroll to see the regular results), it seems that this statement of Matt Cutts is not entirely true.

There is no secret way to get in the search results
Matt Cutts says that there is a pattern that he often sees in SEO forums: Someone suggests a specific tactic will lead to high rankings on Google and then everyone follows.

For example, someone says that it is easy to get high rankings through article directories. Half a year later, people will move on from article directories to guest blogging, then to link wheels, and so on.

Matt Cutts says that someone who found a loophole wouldn’t post it in a forum. Instead, he would exploit it to make as much money of it as possible.

要約

Google Adwordsを購入した方が、検索エンジンには有利?
Google広告を購入しようがしまいが、通常検索ランキングには、無関係であり、ネガティブあるいはポジティブな反応はしないとしています。

誰かがフォーラムで、上位表示をさせる戦略法を提案すると一気に拡散する。
ディレクトリ登録から、ゲストブログから、リンクホイール(Link Wheet)など。
また誰かが検索エンジンの盲点を見つけると、それをフォーラムへは投稿せず、できる限り、脆弱性を攻撃し、収益を得ようとする動きがある。

まとめ

また、ビデオの中で、Matt氏は強調しています。Googleは金銭が問題なのではなく、上質な検索結果をユーザーに提供する事を第一と考えている。

ユーザーのニーズにマッチした検索結果を表示させる事がGoogleの使命であるので、上記のような、料金を払えば検索結果が変わる事や流行に流されて検索エンジンの結果を不当操作しようとする行為は、評価されないとしています。

検索エンジンはお客様にサービスの魅力を伝える一つの手段として存在しています。
もし、ホームページやブログを運用しているのであれば、上記のような流行に流されるのではなく、堅実にインターネット上で価値を示していく事が重要だと思います。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク