スポンサードリンク

Google検索に悪質なサイトが表示されている。検索スパム報告をして削除してほしい。

検索エンジンスパムGoogleに報告

検索結果にコピーサイトが出現した
検索結果に中身がないスパムサイトが乱立した
スパムサイトに自分のサイトへのリンクが貼られている

今後減少していく傾向にありますが、中身がない検索スパムと呼ばれるサイトが乱立する場合があります。
特定のキーワードであなたのサイトが検索上位に表示されていたのに、突然乱立したスパムサイトに検索結果を占領されてしまって、会社サイトやブログが表示されなくなる。

ブラックハットSEOと呼ばれる悪質な手法で検索エンジンの脆弱性とも言われる弱い部分を攻撃して、検索上位に表示させようとするものです。
検索エンジンは、検索者に一番有意義なコンテンツを提供するのが使命の一つです。このような検索スパムサイトは、検索エンジンから削除されていきますが、まだまだリアルタイムに検知して削除するまで至っていないのが現状です。

悪質検索スパム業者への対応

上述したように、悪質スパムサイトは、検索エンジンによって削除されます。しかしながら、どのようなものが悪質なサイトであるか?という基準ははっきりと明言されていません。

あなたのサイトのコピーサイトが乱立したとしても、Googleは、承認を得て掲載しているのか?それとも承認されていないのか?を100%自動的に判断する事はできないようです。下記の方法で、検索スパムに対して対応する事ができます。。
上記の兼ね合いもあり、100%削除依頼が通るという事ではないので予めご了承ください。

Googleにスパムサイトを通知する

このようなスパムの報告のために、Googleは下記のようなページを用意しています。
Googleの不正サイト報告ページ
詳細をきちんと記入し、削除をうながします。
しかし注意しておいていただきたいのが、削除されないからと言って、同じページを連続して行なわないという事です。
連続して行なうと、質の高いサイトの順位を下げようとするスパム報告だとGoogleが認識して、対応が遅くなったり、あるいは対応されないという場合もあります。1度行なった申請は、数ヶ月は行わない方が懸命だと思われます。

スパムサイト運営者に通知する

悪質業者のサイトは、お問い合わせページがないのがほとんどですが、もしあるようなら直接連絡が取れる手段で、削除交渉を行なってみるのも良いかと思います。メールに限らず、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの連絡先もある場合があります。
検索スパムの手法を知っている業者であれば、ほぼ間違いなく悪質であることを知っています。
連絡が取れるとすぐに削除されるケースもあるようです。

運営サイト内のコンテンツを充実させる

スパムサイトを表示させなくしたり、削除要望出したりしても、なかなか反映されない場合があります。
その場合は、運営しているサイトのページの内容を強化したり、ページ数の追加をします。より多くの充実したコンテンツを持っているサイトが、検索上位に表示されるようになります。特定のキーワードに関連するサブキーワードを元に、メインのキーワードをバックアップする形でコンテンツを増やしましょう。きちんと情報が階層化されていると、さらに検索上位の可能性が高まります。

まとめ

検索スパムサイトを一つ一つ、つぶしていくには、相当の時間と人件費がかかります。
乱立する度に、目を見張り対応するというのは、非常にコストがかかります。一番大切な事は、検索スパムサイトに負けないサイトを構築する事ではないでしょうか?

検索スパムサイトに負けないだけの、ユーザーが求める充実したコンテンツを複数ページに渡り提供する。
長く継続すればするほど、サイトの価値が上がります。

あなたのサイトは、1ページに何文字ありますか?そして何ページありますか?情報は階層化されていますか?
どのような方に対して必要な情報を発信していますか?この点を常に見ながら拡充してく事で、より安定的なサイト運営が可能となります。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク