スポンサードリンク

やらなきゃいけないことをやる事に自然に変化させる。行動スピードのパフォーマンスをあげる。

やらなきゃいけないことのパフォーマンスをあげる

あれやらなくちゃ!
これやらなくちゃ!
やらなきゃ行けない事がいっぱいだ!

いつも「やるべき事」に追われて、自分の得意な事や好きな事に集中できずに、「このままでいいのかな?」って思いながら目の前の事に一生懸命取り組んだりしていませんか?やらないといけない事っていろいろあるますね。
早く終わらせればいいのに、もっとちゃんとやりたい。でも、うまく言っていないような気がする。始めるまですごく時間がかかる。
今回はちょっとしたモチベーションの話です。

やらないといけないと思うほどやりたくない

さてさて困りました。やらないといけないと思えば思うほど、やりたくなくなる。
そんな事ありませんか?あれもしないといけない、これもしないといけない。
そんな時、それをやろうとするご自分のパフォーマンスは著しく下がっているでしょう。

車に例えてみます。

サイドブレーキを外し、ファーストギアにチェンジします。
進みたくないなというブレーキを踏みながら、
進まなきゃ!というアクセルを踏む。

ぎぎぎぎ!
壊れそうな音がします。
想像するだけで、車を壊しそうです。

頭の中でやりたくない!という気持ちとやらないといけない!という気持ちは、ブレーキとアクセルのようなもの。この二つをうまく使って、行動のパフォーマンスを上げると良い結果になります。

やりたいけど、やりたくない

やりたいのに、やりたくない。
ブログを書きたいのに、書きたくない。
さてどんな時でしょうか?

人間は、面白いもので、相反する考え方が頭の中に存在しています。

およそ思いつく場面があると思います。
掃除したいのに、したくない。
料理したいのに、したくない。
メールしたいのに、したくない。

考えれば考えるほど、マイナスの部分が引き立ってくる場合があります。

面倒くさい事がどんどん頭の中に広がって、できなくなってしまうというものです。

ブログを書いたら、誰かに攻撃されるんじゃないだろうか?
ブログを書く事自体めんどくさい。

そんな事を考えているうちに、
私は、ブログを書く人ではない。

という自分自身を制限してストップしてしまいます。

頭で考えるとマイナスの事柄が列挙される場合は、このようにどんどん膨らむ傾向が強くなります。
その結果が、行動したいのに、行動できないという状態を引き起こしています。

やるべきだからやってしまうすごい人

中にはいます、思考優位の人。
やるべきだからやるというシンプルな思考で動く事が出来る人です。
そういう方には、この記事は必要ないかもしれません。

勉強しないといけないから勉強する。

すんなりこれで100%のパフォーマンスを出せればいいのです。
ハイパフォーマンスを出すにはとても大変だと私は考えています。

思考で考え、自分の気持ちを押し殺して、すすめ!
なんだか鬼軍曹みたいです。。。

すごく強い人ですね。
この状態を常にキープし続けるには、非常に強い精神力と体力が必要になります。
ブレーキを破壊して、さらにアクセスをふかす。

ただ、継続という面では、弱いと考えます。

目的達成思考は、継続することは、思考に入っていない事が多いので、止まってしまうのも速い場合があります。

アクセルもブレーキも手段

思考優位で、やるべきだからやる!という強い信念のもと出来ない方へ。
アクセルとブレーキが、目的になっていませんか?

私もできないので、この方法はおすすめです。

アクセルを踏む事は、将来の希望に向かって、進む事です。
ブレーキを踏むという事は、その将来の希望へ向かうまでの危機回避をする事です。

アクセスを踏むには、方向が定まっている必要があります。
ブレーキを踏む理由は、危ない目に遭わないためです。

思考は、ブレーキを踏む力が強い。
考える事の多くは、およそ危機回避の能力です。

車で目的地に行こうとするには、これまで運転してきた経験を元に危機回避する力です。
新しい運転方法を試してみようとは思いません。

アクセルもブレーキも移動するための、手段です。
アクセルとブレーキがケンカする必要もありません。

アクセルとブレーキに意識が集中するから、どちらかが強調されてしまう。
運転する時に、アクセルとブレーキを意識しながら、運転しますか?

慣れてくるとほとんどしないと思います。

やるんだな〜で円滑に

移動する目的地を知るだけで、アクセルとブレーキを無意識に操作します。
それは、行動する時も同じではないでしょうか?

やるべき!
やらないといけない!
やってやる!

この全てに共通するのは、
できていないという前提のもとに、自分に問いかけています。

お前できていないからやるんだよ!

目的地につけるわけがないと思えば思うほど、
アクセルとブレーキに集中します。

そうすると、操作がぎこちなくなります。

そんな時に、おすすめの行動キーワード。

やるんだな〜

ブログを書くんだな〜。
掃除をするんだな〜。
メールを書くんだな〜。

その内容が楽しく思えれば思えるほど、自動的に行動につながります。

やるんだな〜で、
やっている自分を想像し、わくわくを高めます。

やり方もやる事も知っている場合、自然に行動が起こるので、非常に楽です。

一歩始めると早い

始めるまでにすごい時間がかかります。
始めてしまうと、ずっと継続できてしまいます。

そんな経験ありませんか?

つまりは、最初に「発進」に一番時間がかかります。
車も同じでは、発進する動作が一番大変です。

サイドギアー、ウィンカーの確認、サイドミラー、バックミラーの確認などなど、やる事が多い。。。。。

最初の一歩を始めるために、できるだけ最初の動作をコンパクトにまとめておくと良いです。

始めてしまえば、集中できる。
その敷居をできるだけ低くしましょう。

始める儀式みたいなものを用意しておくのも良いです。
ヘアバンドをつけるとか、深呼吸するとか、本当に小さな事で、始める事ができるようになります。

まとめ

二つの事を申し上げました。
1. やるんだな〜。で目的地にわくわくを
2. 最初の動作をできるだけコンパクトに

アクセルとブレーキを同時に踏み込んでいませんか?
同時に踏んでいると、イライラしてしまったり、攻撃的になったりします。
進まないので、パフォーマンスも文字通り低い。

アクセルもブレーキも自然に操作しましょう。
目的ではなく、手段です。

感情も思考も手段です。
全てが必要なものです。

サイトを更新するんだな〜。
始める時は、最初の一行を書くだけに集中するように決めているんだな〜。

実は、これで今、この文章を書き上げる事ができました。

クオリティーは、費やした時間に比例します。
その件は、書ききれないので、またの機会に。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク