スポンサードリンク

インターネット集客の基礎- ホームページ/ブログ/ソーシャルメディアの連携と仕組み化で効率的な集客宣伝。

インターネット集客の基礎- ホームページ/ブログ/ソーシャルメディアの連携と仕組み化で効率的な集客宣伝。

インターネットの集客の仕組みを知りたい
もっと多くの人を集めたい
ネット集客をどうやってやったら良いかわからない

ネットを使って人を集める事ができたら効率よくサービスを伝える事ができるのに。。。
ホームページやブログを作るのでも一苦労。それを人が集まる媒体にするなんて。。。。
インターネットを使って人を集めるという事は、初心者の方には非常にハードルが高い場合があります。

どのような形が一番安定性があり、効果が高い組み合わせなのでしょうか?

ソーシャルメディアの役割

FacebookやTwitter、LineやlinkedInなどのソーシャルメディアは多くの方が利用し、人気があるメディアです。

ソーシャルメディアの有利な点は拡散力が高い事、シェアやリツィートなどの機能により、読者はその読者のファンや友達に良質だと思われる内容を教える機能がついています。共有する事で、ファン同士の関係性が強くなるので、良質な記事をどんどん共有するユーザーも増えています。

人はなぜ記事を共有するのか?
1. 自分の価値が高いと示すため
2. 共感し、賛同するため。

この二つが大きく影響しています。
いいね!に代表されるボタンが多く押されると人は安心感を覚えます。
ソーシャルメディアの特性は、共感を共有する機能が強い事があげられます。
この点に関しては、他の記事でご説明する予定です。

ブログの役割

このサイトはブログ形式をとっています。それは、更新性をあげる事ができるため、検索エンジンに非常に有効であるからです。
記事が多ければ多いほど、検索エンジンに登録される可能性が高まり、検索され集客しやすくなります。
ブログの価値は、更新性が高い事があげられます。

ブログを更新する上で一番重要な点は、検索されやすくするという事です。
検索されやすいキーワードを想像されるかもしれませんが、もっと深い部分での検索されやすさを追求できます。
現在の社会情勢からの悩みとの連動、趣味志向の多様化により、ニッチなキーワードを多く含ませる事が可能です。

一つの記事では、小さな効果でも、たくさんの上質な記事を作り、検索エンジンに登録することにより、投稿した記事が連動して相互的に価値が高まってきます。検索されるキーワードを含め検索されやすい記事を作成する方法は、長くなるので別の機会にお伝えします。

ホームページの役割

ホームページは、いわゆるサイトと呼ばれるものです。会社間での取引をするには、ホームページの存在が必須となります。
大きな会社になればなるほど、信頼性が必要となり、どのようなサービスを行なっているのか?会社概要、会社情報は適切か?などの確認が入り、稟議を通してサービスへの申し込みへつながります。

ホームページは、ご自身の業務形態を知らせる信頼性を高めるページです。このページにアクセスを集める事で、信頼性を高めていく事ができます。
また、ホームページとブログを同じドメイン内に構築し、運営している方もいると思います。
お客様に合わせて、ホームページとブログを共通にするのか?区別するのか?を検討すると良いと思います。
テーマに合わせて、ブログを複数構築したりするとより効果的な場合があります。

メールマガジンの役割

ネット集客で一番の要は、メールマガジンへの登録です。
ソーシャルメディアのいいね!を評価している方もいるようですが、いいね!は非常に簡単に行なう事が出来、ファンでなくてもいいね!をクリックする人もいます。メールマガジンは、登録時にメールアドレスを提供しなくてはなりません。メールアドレスを提供するという行為は、あなたのサービスを信用している証拠であると言えます。

ネット集客の仕組み化のまとめ

人は、共感し、尊敬するものを共有したいと思います。そして悩みに連動するキーワードを検索エンジンに入力し、目的の情報を探します。
この二つを念頭に置いた状態で、ご自身のウェブメディア(上記の内容の総称)を見直してみる事をおすすめします。

ソーシャルメディア、ブログを出来るだけ多くの人に伝わるように設計し、ホームページへ誘導します。その後、きちんとした情報を掲載し、メールマガジンあるいはお問い合わせへ誘導する。
この流れが一番安定的に人を呼び込む事ができる仕組みです。

どのように誘導するのか?
どのような情報を掲載すればいいのか?
どのように申し込みをうながすのか?

など、細かい調整が必要になってきます。それは、一人一人事業毎に異なるので、ここでは明言を避けたいと思います。気になる方はお問い合わせください。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク