スポンサードリンク

再生できない!動画を再生したい!音を再生したい!そんな時に無料でWindows/Mac対応!ほとんどの動画や音源の再生に対応しているプレイヤー「VLC Player」

動画が見られない!そんな時に「VLC Player」
動画を再生しようとしたら、真っ黒で音だけ
音楽で音が鳴らない
開けない形式ですと表示される

パソコンにあまり詳しくない方だと、動画や音源の形式やフォーマットについてご存知ない方も多いと思います。一言では言い表せないほどの形式があり、それぞれに再生できる端末異なります。動画は特に、容量を軽くしようとしてたくさんの圧縮形式が存在し、一つ一つに再生ソフトを用意しては大変時間の無駄です。

Windows/Macに対応した、動画/音源再生ソフトが無料で提供されています。難しい設定が必要なく、ただファイルをこのソフトで開くだけ。ほとんどの形式がサポートされており、簡単に再生できます。

動画を購入したり、友人からもらったファイルが開けなかったり、そんな時に、こちらの無料再生ソフトが活用できると思います。そのソフトの名前は、「VLC Player」と言います。

VLC Playerをインストールする

お使いのパソコンで、下記のリンクをクリックしてダウンロードして、インストールを行なってください。
VLC Playerのダウンロードはこちら

インストールが完了したら、ダブルクリックで、VLC Playerを開いてください。

VLC Playerを使う

VLC Playerを使う
こちらはMacでの画面になります。このようにご自身のプレイリストを作成する事ができ、連続して動画を再生可能です。ファイルをドラッグして再生するか、「メディアを開く」でファイルを指定して開きましょう。簡単ですね。

VLC Playerはプラグインも活用できる

プラグインも活用できる
英語で言うと、「Extension」つまりは、拡張機能です。VLC Playerは有志によるプラグインも豊富にあります。デフォルトでたいていはうまく動作しますが、細かい部分はこのプラグインで対応できるかもしれません。
プラグイン一覧はこちらです

VLC Playerはスキンも変更できる

スキンも変更できる
かっこいいスキンを使ってデザインを変更したい!そんな方には、無料でデザインや見た目を変更できるスキンが用意されています。下記からダウンロードしましょう。
スキン一覧はこちらです

まとめ

動画や音源が再生できないと本当に困ってしまう場合があります。ご自身のパソコンを最適に保ち、ダウンロードしたファイルをきちんと再生できる環境を整えておく事で、時間短縮につながり、その他の集中すべき事に時間を割けるようになります。
後半、カスタマイズについて少し触れましたが、初期設定のまま、デフォルトのままで全く問題なく動作しますので、おすすめのプレイヤーです。インストールしておいても問題はないと思います。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク