スポンサードリンク

これから伸びるサービスを調べたい。サービスの検索件数の需要を知りたい。Google Trendで今人気のキーワードを探す。

Google Trendで需要の流行を探る
サービス内容の検索件数を知りたい
今人気のキーワードを知りたい
関連サービスの需要を知りたい

インターネットの検索は、現在の社会におけるサービスの需要と密接な関係があると考えます。ネット上で検索するという行為は、悩みの解決法を調べているということとほぼ同じと言えるでしょう。検索されないキーワードをこれからの事業としてしまったら、衰退する需要に身を任せることになりかねません。インターネットの検索内容のトレンドだけが、需要を紐解く鍵とは言いません、もちろん直接顧客との対話を行うことも重要です。

Google Trendを使って、現在の人気キーワードを調べることができます。ご自身の提供するサービスで、どの部分がこれから伸びていくのか?どの部分が衰退してくのか?を調べる助けになればと思います。
ご自身の事業の方向性を一つに絞り込む前に、インターネット内での検索件数の動向を調べてみてはいかがでしょうか?

Google trendを使う

Google trend
Google trendを開くと、最新の人気検索キーワードが表示されると思います。ここでは、主にニュースや有名人に関連した内容であり、無料の情報で検索数が多いものが飛び交います。
上部の検索窓に、ご自身の事業に関連するキーワードを入力してみましょう。

検索件数のグラフを見る

キーワードを検索すると需要の人気がわかる
キーワードを入力すると、このように検索件数のグラフが表示されます。衰退していれば、右下がりとなり、発展していれば、右上がりとなります。ご自身のサービスは需要を捉えていますか?もし下がっている場合は、対策を考える必要があります。どの業界にするのか?という大きな視点から、どのサービスを提供し、強みは何なのか?というところまで掘り下げていきましょう。

関連キーワードを確認する

関連キーワードの需要を読み解く
検索したキーワードに関連する人気の高いキーワードを推薦してくれる機能です。需要があると見込んだ内容に加えて、関連するキーワードを付属することで、よりニッチな市場へのアプローチが可能となります。できるだけ細かく考えていきましょう。

まとめ

「こんなことしてくれませんか?」という頼み事から、事業が始まっていることが多いかと思います。「自分がこうしたい!」ということよりも、実は「頼まれ事」の中に、ご自身の会社の強みが隠されている場合が多分にあります。
社会の情勢に沿って、成長していくことは戦略として非常に有効だと思います。

しかしそれ以上に、目の前のお客様の個別の依頼をきちんと捉え、社会の需要とマッチさせ、会社の強みと複合することで、より素晴らしいサービスを開発することが出来ると思います。Google trendを使うと、日本社会の大きな需要の流れを見ることができます。多くのニッチ市場を直感的に発見し、このようなツールを使い方向を微調整していく。そんな風に使えたら良いですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク