スポンサードリンク

Contact Form 7でスパムメール防止したい。迷惑メールを拒否する簡単な方法。

Contact Form 7を使っていてスパムをなんとかしたい
お問い合わせにへんなメールが来る
迷惑メールを防止して、お客様のメールをきちんと受信したい

WordPressを使ってホームページを構築し、お問い合わせフォームを設置する際に、一番利用されているのが、Contact Form 7というプラグインだと思います。このプラグインは非常に便利で、ある程度の知識がある方でしたら、比較的簡単にお問い合わせフォームを設置する事が可能です。複数設置でき、料金も無料ということで非常に人気があるものです。

人気があるがゆえに、おおくのハッカーから狙われる可能性を秘めており、スパムメールを投稿する先として、攻撃されるケースが増えています。このホームページに関しても、攻撃がありました。世の中に公開されているホームページは、スパムで送信する人(スパマー)からの見つけられなくする方法はございません。

しかしながら、ちょっとした工夫をすることで、スパムなのか?本当の顧客からのお問い合わせなのか?を判別し、きちんとお問い合わせが届くようにする事が可能です。こちらでは、Contact Form 7に関するスパム迷惑メール防止についてお伝えします。

迷惑メールの例

こんなスパムメールが届いていませんか?
このようなメールが届いていませんか?あまりにも多くなってくると、お問い合わせが埋もれてしまい、見えなくなってしまったりします。そうなってしまっては、お問い合わせフォームの意味がなくなってしまいますね。

こんなにたくさんのスパムメールが届いていませんか?
このようにメールが何通も届くケースが増えているようです。スパム送信業者は、数が目的です。また内容も卑猥なものやあまりいい気持ちがしないものが多く、実店舗で購入する恥ずかしさから、インターネットでの購入率が高い商品を進める目的でスパムを送信してくるケースが多いです。

Contact Form 7の承認ボタン

承認項目
Contact Form 7のお問い合わせ制作画面で「タグの作成」をクリックし、「承認の確認」を選択します。

acceptance
このようなタグが表示されるので、お問い合わせの中に組み込みます。そうすることで、お問い合わせは、この承認にチェックする事なしでは、送信できなくなります。スパム業者は、自動ソフトを使っており、このチェックを自動で判別することができないので、スパムが届かなくなります。
この承認タグの横に「この内容で送信します。よろしいですか?」などの文字をいれることで、承認のチェックをつけてもらうようにしましょう。

まとめ

スパム業者は本当に厄介な存在です。Contact Form 7を使っているWordPressを探し出して攻撃を仕掛けてきます。このようにたった一行追加するだけで、スパムがぱたりと来なくなりました。スパムに悩まされているのであれば、お試しいただければと思います。
スパムしかこない!という方は、ホームページの設計がおかしい可能性があります。その場合は、お問い合わせいただければ、改善点を提案させていただきます。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク