スポンサードリンク

伝わるホームページを作りたい。わかりやすいコンテンツの作り方。内容を掘り下げ伝える。

わかりやすくコンテンツを砕く

わかりやすいシンプルなホームページにしたい
ホームページの価値を上げたい
ぐいぐい読まれるページを作りたい

ホームページを運用していて、困る事の一つが、コンテンツを増やす事が出来なくなる事です。
ページが増えない。
3行程度のページを量産したとしても、ホームページの価値を下げるだけです。きちんと特定のテーマを持つページを増やしていく必要があります。

書く事がなくなった。
伝えきった。
あきらめた。

そのような状態になった事があるかもしれません。このページでは、特定のテーマを掘り下げるために、自分への問いかけの技法をお伝えします。自分へ適切な質問をする事で、ホームページの内容が劇的に読みやすくなったり、伝わりやすくなったりします。

だから?の質問で掘り下げる

ホームページをご自身が提供するサービスをできるだけ多くの方に深く伝えるために、利用されていると思います。一つの段落を書く毎に、「だからどうなのか?」という問いをかけて、次の段落を書いてみてください。

「今日は、●●という商品が入荷しました!
「だから?」
「●●という商品は、●●が長所です」
「だから?」
「その長所を生かして、●●の悩みが解決できます!」
「だから?」
「●●という感想の声もいただいております!」
「だから?」
「●●という状況の方、具体的に●●に悩んでいる方にとっても効果があるものです」

たったこれだけで、段落を増やす事ができ、すぐに1000文字程度まで、増やす事ができます。
読んでいる方は、読み始めは、興味がない事がほとんどです。
「だからなんなの?」という質問に答えるように、続ける事で、最後まで読まれやすいコンテンツが出来上がります。

わかりやすい言葉を使う

ホームページを運用使用とする人の文字の認識力は非常に高いと思います。ほとんどの方が、たくさんの文字を書いたり、読んだりする事になれていません。みなさん情報をテレビから得ようとしますよね。テレビの情報って、気づいている方もいるかもしれませんが、文字の情報にすると、3行程度におさまってしまう物も少なくありません。

「続きはCMのあとで!」
「この後、驚きの結果が!」

文字をできるだけ、見せずに、効果演出で時間を長く取る事で、「ザイオンス効果」を持たせ、長く接触するように心理的な効果を使っています。
伝えている内容は、数行で済んでしまうところです。

文字を読む事に慣れていない人が、突然ホームページの内容を100%理解する事は難しいでしょう。
だからこそ、シンプルでわかりやすい言葉を使うようにします。文字を視覚から認識するの難易度を下げるためです。
BtoC(お客様がエンドユーザー)である場合は、専門的な言葉は、要所要所で取り入れ、きちんと説明を入れるようにした方が無難です。
言葉の説明を入れる事で、ページ自体のボリュームを増やす事もできますし、親切ですね。

悩みを顕在化させる

「自分には関係ない」そう思われたら、すぐにホームページは閉じられ、他のホームページへ移動されてしまいます。
「あなたに今必要な情報です!」をきちんと伝えるようにしましょう。
上記でも少し説明しましたが、閲覧者の今の状況をきちんと書き入れる事できちんと読まれる内容になります。

●●で困っていて、夜も眠れない。
●●の事も心配で、居ても立っても居られない。
年齢は、●●で、性別は、●●で、家族は、●●。
1日は、●●を考えて過ごす事が多い。
●●に興味がある。

このように、できるだけ一人をイメージして、その方の日常や心の動きをできるだけ詳しく書いてあげることで、読まれる内容ができてきます。

まとめ

読まれるページを一つ一つ丁寧に追加していくことで、内部SEOがきちんと働き、検索エンジンの上位に表示されるようになってきます。ビッグキーワードで上位表示させる事は、安定性を欠く場合があります。直立に立ってる塔よりも、すそのが広い大きな山の方が、倒れにくいですよね。
すそのが広いのは、悩みへの共感イメージが多いという事。受け取れるものも多くなります。直立型だと数ページの状態が悪くなっただけで、ホームページの価値はすぐに下がってしまいますが、すそのが広いものだと、数ページの価値が乱高下しても安定性を保てますね。
シンプルで、共感的で、読みやすいコンテンツ作りを目指せたらいいですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク