スポンサードリンク

ホームページの読み込み速度が遅いページを見つける方法。検索エンジンに登録される軽いページを作りたい。

検索エンジンにできるかぎり多くのページを登録したい
表示が遅いページを見つけて対処したい
ホームページの表示を早くしたい

ページを開こうとして、すごく遅いページ。遭遇した事があると思います。ページの表示速度が遅いと、閲覧者に去られてしまう事はもちろん、Googleなどの検索エンジンに嫌われて、登録されづらくなります。
できるだけさくさく表示され、ストレスなく閲覧者に行動してもらう事。それと同時に、検索エンジンにできるだけ多くのページを登録してもらうようにする事。この事が大切になってきます。

表示が遅いページは、ページ価値が低いと思っていただいて結構だと思います。
これだけネット回線のスピードが早くなったとはいえ、Wifiや会社内など、転送量の制限があったりします。軽いページは、それだけファイルサイズが小さいページのパーツを使っておりますので、多くのページ数を見てもらうという点でも、軽量化は非常に大切な最適化の一つです。

このページでは、Google Analyticsを使って、表示速度が遅いページを見つける方法をお伝えします。

平均読み込み速度を調べる

ホームページの表示速度
Google Analyticsにログイン後、「行動 > サイトの速度」をクリックし、サマリーを選択します。するとホームページ全体の平均読み込み速度が表示されます。ホームページ全体をまずは把握します。こちらが非常に遅いとサイト全体の改善を行う必要が出てきます。ロゴやフッターの画像、共通のバナーなど、重い画像が共通で全部のページに設置していませんか?共通の画像やスクリプトなどが重いとこの数値が上がる傾向にあります。

遅いページを探す

ページごとのサイト速度
では、ホームページの中のどのページが重いのでしょうか?「行動 > サイトの速度」をクリックし、「ページ速度」を選択します。するとこのようにページが表示され、平均表示速度が比較され、グラフが表示されます。
右側に伸びてしまっている赤い棒グラフを見つけます。このページが表示が遅いページです。左のブルーのリンクをクリックすると、概要が表示されますので、平均的に遅い場合は、改善が必要です。サーバーの状態による一時的なものは、様子を見て、サーバー会社にお問い合わせしてください。

速度の提案

サイト速度の提案
Google Analyticsは、速度の改善の提案をしてくれるページが存在します。Googleの目的は、できるだけ多くの良質な情報を取り込み、閲覧者に提供する事。これを達成するために、できるだけ軽いページ制作を推奨しています。「行動 > サイトの速度」をクリックし、「速度の提案」を選択します。表の中にあるPageSpeedの提案をクリックすると、そのページに関する改善案を表示してくれます。ページよっては少し時間がかかりますので、少し待ちましょう

速度を遅くしている理由
このようにあなたのホームページの表示と一緒に、パソコンとモバイルに関する表示速度の改善案が表示されます。これを全て解決させることは、難しいのですが、気がつかなかった最適化の内容も含まれると思います。重すぎる画像の使用や不必要な重たいスクリプト等がありましたら、削除したり、圧縮したりする措置をとりましょう。

まとめ

スマートフォンでのホームページ閲覧が増えてきました。電車の中など、電波状況があまり良くない環境でも閲覧される可能性が高まっています。
ネット環境が整備され、ホームページは誰でもどこでも見られる時代になっています。提供されるサービスとお客様をつなぐホームページ、表示速度が遅いという原因で、その機会を損失してしまっては、非常にもったいない。ホームページの価値も下がってしまいます。画像の大きさなど、読み込み速度を考慮して運営したいものですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク