スポンサードリンク

検索エンジンにヒットする検索される強いタイトルの付け方。検索エンジンからキーワードで集客するために。

ホームページを検索されたい
検索エンジン最適化して集客したい
ターゲットの顧客を呼び寄せたい

ホームページを運用して、きちんとした内部SEOを施せば、検索エンジンは有用なサイトと認識して、ページが増えれば増えるほど、勝手に検索順位が上がってきます。
顧客は検索エンジンを利用して、キーワードで検索します。このキーワードとマッチ度が高いと良いとされている一番影響力が高い部分はどこでしょうか?

それは、タイトルの文字です。この文字を最適化する事で、ぐんと検索される確率が上がります。顧客を絞る事もできるので、アクセス数を抑えながら、問い合わせをもらいやすいホームページへ成長させる事ができると思います。このページでは、タイトルの付け方にフォーカスして説明させていただきます。

タイトルの付け方

タイトルの付け方

ページ内の情報をきちんと頭の中で整理出来ている事がまずは大切です。ページ毎にタイトルを付けるのが適切ですので、まずはそのページを要約するとどうなるのか?を20文字程度で考えてみてください。全く思いつかない場合は、そのページの情報を頭の中で整理できていない証拠です。整理できていないと閲覧者に伝わらないページなので、価値も半減します。

第2に、検索されやすいキーワードに合わせます。タイトルは特徴のある固有名詞やニーズのある特殊な言葉が合った方が検索されやすくなります。
一般的な言葉では、なかなか上位に上がってきません。それは、競合もそれだけ多いから。もっと具体性を持ったキーワードを選定していく必要があります。

要約すると
1. ページ内の情報を20文字で表現する
2. その情報を元に、閲覧者が検索するキーワードを選定する

1が自分の中の情報を引き出す事。
2が市場にその情報を溶け込ます事
と言えます。

これをまずはやってみてください。
この情報の整理を行なった上で、下記の用法を守って、きちんとタイトルを設定しましょう。

店舗名 + サービス内容 + 地域

ホームページ名の付け方です。これとは別にページ名を決めていきます。これはつまりトップページのタイトルです。
ご自身のサービスが地域密着型である場合は、店舗名+サービス内容+地域の情報が盛り込まれたタイトルにするのが適切です。これはホームページを使ったブランディングに影響を与えます。トップページは他からのリンクが一番多く集まるページです。このページはホームページ全体の山のてっぺんのような意味があります。一番目立つ内容です。

店舗名+サービス内容+地域
をまずは、決定してください。設定後、何回も変更するとSEO効果が弱くなりますので、なるべく変更しないようにしましょう。
店舗名 + サービス内容 + 地域の順番について、ホームページリリーズ後に、店舗名で検索されるのは稀です。このようなホームページリリース直後は、ホームページの利用形態にもよりますが、このような順番である方が良いと考えます。

サービス内容 + 地域 + 店舗名
サービス名や地域名があまりに長いと、店舗名が検索結果に表示されなくなる可能性もありますので、シンプルなキーワード選定をします。

重要なキーワード + メインキーワード

ニッチで重要なキーワードの方が、検索上位に表示されやすいです。人のニーズは様々ですので、できるだけ多くの細かいニーズが存在するところにキーワードを合わせて使っていく必要があります。例えば、アロマセラピーをされているのであれば、アロマセラピーや地域名や店舗名をトップページのタイトルにする(メインキーワード)する。その上で、そのサービスのどの部分が具体的に伝えるべき内容なのか?を吟味、それを市場の検索キーワードに合わせていきます。

「|」(パイプ)で区切る

ページタイトルとホームページタイトルを「|」で区切るのが一般的で、検索エンジンからも受け入れられる形です。

ページ毎のニッチなキーワードのタイトル | ホームページのメインキーワードのタイトル

このような形でタイトルを決定する事をおすすめします。

重要なキーワードはできるだけ左側に

ニッチで重要なキーワードをできるだけ左側に設置しましょう。左にあればあるほど、閲覧者もクリックしやすくなり、検索エンジンからも受け入れられる付け方になります。

同じキーワードは最大で3回までとする

同じキーワードを設定するとそれだけ検索順位の向上につながります。しかしながら、使い過ぎは禁物です。2回あるいは最大でも3回までとしておいた方が良いです。複数のキーワードを使いすぎるとスパム扱いされる可能性が高まりますので注意が必要です。

記号はなるべく使わない

☆、★、●!?#や顔文字など、必要のない文字は使わない。
検索エンジンは特殊文字をはじく傾向にあります。無駄な文字はできるだけ使わないようにしましょう。

空白(スペース)を開けない

一文字一文字を分けてタイトルをつけているホームページがいまだに散見されます。検索エンジンは単語で情報を取得します。単語が切れてしまっては、内部SEOの効果はありません。英語などで半角スペースを使って表現する事は可能ですが、全角スペースは絶対に使わないようにしましょう。

まとめ

苦労して更新しているホームページ。ほんの少しタイトルを市場に合わせる事によって、検索される可能性が格段に高まります。
検索エンジンからの集客がない!そんな場合は、まずはタイトルを確認して見てください。検索されるキーワードでしょうか?そのページを示す適切なキーワードでしょうか?ホームページで伝えたい事をより具体化していますか?検索されるキーワードは、Googleのアドバイスツールを使う事でより明確になります。このツールは無料です。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク