スポンサードリンク

ホームページ内でアクセスできないエラーページを探す方法。検索エンジンに登録できないページを探して改善する。

ホームページのエラーページを探したい
検索エンジンに登録できないページを探して最適化したい
Googleのクロールエラーを探したい

ホームページを運営していると、リンク切れが発生したり、なんらかの原因でページが表示できなかったりして、検索エンジンにうまく登録できないページが出てくる場合があります。手でページを一つ一つ作っていたりして、何百ページものページがホームページ内にあると運用が大変です。
ページを一つ一つ調べると時間を使ってしまうので、非効率です。

検索エンジンに登録できないページ = 存在しないページ
であると言っても良いかもしれません。
きちんとしたスクリプトで、Googleに登録されるようにホームページを随時更新していく必要があります。
Googleのアルゴリズムの日々変化していると聞きます。ホームページ運営者は、検索エンジンの最適化を行い、効率よく集客する必要があります。

クロールは、検索エンジンがホームページを登録しようとする事を言います。
クロールエラーとは、そのクロールに失敗しているという事です。
Google ウェブマスターツールを使うと、どのページでエラーが発生しているのかがわかるようになります。

クロールエラーを見つける

アクセス拒否されたページ
Google ウェブマスターツールにログインします。その後、左メニュー内の「クロール」をクリックし、「クロールエラー」を選択します。
PC、スマートフォン、フューチャーフォンの順番で、端末毎に結果が表示されていると思います。
アクセス拒否されたページ、ページが存在していないと知らせているページです。アクセス制限をしてしまっていたり、リンク切れが起こっている場合は、このようにエラーが表示されます。

見つかりませんでした

見つかりませんでした
先日このホームページでは、ページを削除したせいか、Googleがページがありませんというステータスを返しています。この中に、自分が意図して削除していないページが存在する場合、きちんと見つけて、ページを復活させたり、HTMLの内容を最適化する事で、Googleに認識されるようになります。
URLをクリックすると、エラーの内容が表示されるので、対処していきましょう。

スマートフォンサイトの見つかりませんでした

スマートフォンサイトのアクセス拒否
スマートフォンサイトからの、アクセスは非常に大切です。PCとスマートフォン、フューチャーフォン(ガラケー)でホームページを分けている場合は、このように種類別に結果を見る事が出来ます。スマートフォンのサイトは、なかなかPCで閲覧する機会は少ないかもしれません。BtoCのサービスを提供しているのであれば、スマートフォンページでのエラーをきちんとチェックしましょう。もちろんフューチャーフォンでの対応も同じです。

まとめ

検索エンジンにきちんと登録されることは、ホームページ運営に不可欠な要素です。ホームページは出来上がったばかりでは、離れ小島にある家と同じ。その家を橋でつなぎ、多くの人を呼び寄せる役割を担っているのが、検索エンジンであると考えます。できるだけ多くの橋を架け、目的に合った人を引き寄せる事が大切になってきます。エラーがあるという事は、その橋が壊れてしまっているという事、Googleのクロールエラーページでは、エラーの内容を教えてくれるので、架け橋を直す事ができます。一つ一つ地道な作業ですが、地道は作業を続ける事によって大きな成果をもたらします。
検索エンジンにきちんと登録されているかどうかを知りたいのであれば、一度専門家に相談しても良いかもしれません。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク