スポンサードリンク

どの地域でどのキーワード検索からホームページへアクセスしてきたかを調べる方法。市区町村の地域密着型のネット集客。

どんなキーワードで検索してきたか知りたい
どの地域からアクセスしてきているか知りたい
どの地域からどんなキーワードでアクセスしてきたか知りたい

対面のサービスを行なわれていると、お越しいただけるお客様にできるだけ多くホームページを見てもらいたいと思われると思います。
全くサービスを行なう事が出来ない人が見られている場合、無駄なアクセスとなってしまいますね。対応も増え、結局顧客につながらない可能性も高まります。Google Analyticsを使えば、どのキーワードで検索してきて、どの市区町村なのか?を知る事ができます。
つまりは、
どの地域にどのような需要があり、あなたが運営するサービスはどのように価値を提供できるか?を検討する材料になります。
このページでは、Google Analyticsを使った需要の掘り出しを行なう方法をお伝えします。

キーワードと市区町村を調べる

オーガニック検索で市町村
Google Analyticsにログインし、有料検索を導入していない場合は、「集客 > キーワード > オーガニック検索」をクリックします。すると検索キーワード一覧が表示されます。ここに、市区町村の情報を加える事でより見やすくなります。「セカンダリディメンション」をクリックし、「市区町村」を選択してください。見つかりにくいので、市区町村と上に入力する事で検索して選択する事も可能です。
すると、このような画面が表示されます。いかがでしょうか?ご自身のホームページの内容を目的とする地域から目的としている人が集まってきていますか?

可能性が高いキーワード

キーワードからランディングページ
まず最初に、
行動を起こす事が出来る可能性が高いキーワードを掘り下げて見つけます。
検索キーワードと検索地域がホームページの目的にマッチしていれば、あとは検索されたページの改善を行うだけです。一番集客の可能性が高いページを見つけ出しましょう。上記の検索キーワードで可能性が高いもの、つまりは需要にマッチしているものをクリックします。すると、このような画面に切り替わります。

再度、「セカンダリディメンション」をクリックし、今度は「ランディングページ」を選択します。すると、そのキーワードでご自身のホームページ内のどのページが閲覧されたか?を知る事ができます。検索キーワードとページの内容がマッチしているか調べましょう。

コンバージョン率を上げる

検索キーワードという需要に、ホームページの内容が答えている状態を作り出します。きちんと内容を伝え、サービスの強みを出し、柔軟性を持たせながら、ページの最後に、お問い合わせやメールマガジンなど、行動を起こしてもらう内容を記載します。
できるだけきちんと説明し、その流れで、ホームページだけでは伝えきれない内容がある事を伝え、行動を起こしてもらう。この流れを大切にしましょう。

まとめ

検索エンジンを使って検索するという行動は、解決したい悩みがあるからです。それは人それぞれ異なり、より多岐にわたって発展しています。悩みが細かくなっているという事。ニッチキーワードとも言います。ニッチとは隙間という意味ですが、その隙間の需要にホームページのページ一つ一つをはめ込んでいく。需要に合わせてページを改善していく。地域密着型だと、より地域性を出していく事で、関係のないアクセスを減らし、無駄な問い合わせを減らす事で、効率的な集客やサービス提供ができると考えます。ホームページの最適化は、美しくする、読みやすくするという事が多く含まれますが、需要にマッチさせるページ構成を整えるという事が一番重要であると考えています。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク