スポンサードリンク

WordPressの投稿でデフォルトの文字列を入れたい。WordPressの投稿を時間短縮の技。

WordPressの投稿で初期に文字を入れたい
WordPressの投稿をより簡単にしたい
WordPressの投稿を時間短縮したい

投稿する時に、最初に必ず同じ文面の挨拶をいれたり、文章の最後にいつも同じ内容を入れたい。
そんな場合や、いつも必ず使うタグを挿入したい。いつも投稿するときに、あのタグは何だったかな?と思い出せない。

そんな時に、投稿を新規追加する度に、定型の内容をデフォルトで記載する機能があります。
それは、テーマのファイル、functions.phpに追加する事で可能です。

毎回毎回同じ事を調べたり、わからなくなったりするのは、時間を無駄に使っている可能性があります。できるだけ最適化された管理画面で、素晴らしい投稿をより簡単にできるようにしていきましょう。

デフォルトで通常の文字を入れる

コンサルタントのOjiです。
投稿を新規追加すると、最初にこのような文字を入れたいとします。自分が何者であるかを記載する事で、ホームページ自体のブランディングにつながります。毎回毎回同じ内容を打ち込むのはナンセンス。新規追加したらこのようにコンシェルジュが対応してくれるように、記載されます。

以下の内容をthemeフォルダ内のfunctions.phpの中に書き込みます。
変更したい場合は、日本語の部分を変更しましょう。改行は\nで表されている部分です。自由に改行を追加する事が出来ますね。
このコードの意味は、内容が空の場合は、この内容を適用するという意味です。

デフォルトでタグを入れる

コンサルタントのOjiです。
強調したい文字があったり、見出し語にしたりした時に、タグを使います。ダブルクオーテーションとシングルクオーテーションの扱いが変わるので注意が必要です。こちらも内容が空の場合は、この内容を適用するという意味です。

まとめ

毎回同じ内容を繰り返すのであれば、ITを使って効率化して行く事ができます。このようによく使うタグなどを登録し、投稿する時に活用することができますね。最適化された管理画面は、有益なコンテンツを生み出します。ほんの少しの違いでも、「意欲」を向上させ、クオリティーに違いが出てきます。管理画面にこだわりながら、ホームページを更新運営していく。価値を積み上げていきたいものです。
ここでは、投稿を最適化する内容になります。もし、共通の内容を投稿内に埋め込み、それを一斉に更新する必要がある場合などは、WordPressで全ページに同じ内容を掲載したい。Global Content Blocksをデザインテーマの中でPHPで埋め込む方法。をご覧ください。

Pocket
Share on LinkedIn


スポンサードリンク