スポンサードリンク

ホームページの直帰率を下げたい。すぐにブログやホームページを閉じられないようにする。

直帰率を下げたい。
ホームページを長く閲覧してもらいたい。
飽きさせないホームページを作りたい。

そう思われていませんか?
直帰率の数値が低ければ低いほど、ホームページ自体に興味を持ってくれている人が多いと言えます。
ホームページの作りが悪いと、興味があるものが発見できずに、閲覧者はいなくなってしまいます。
それでは、ホームページを運営しているメリットが低下してしまいます。

直帰率を下げる

直帰率を下げるために、やったこと。

直帰率を下げよう
直帰率が高くて、ブログやホームページ運営に困っている方へ。素晴らしい癒し事業者のホームページのページをできるだけ多く見てもらい、ホームページの魅力を理解していただくために直帰率を減らしましょう。直帰率はGoogle Analyticsで確認できます。

検索エンジンに登録させる。

新規訪問者がホームページを訪れる経路は、ほぼ検索エンジンとなります。「目的」を持って検索し、その検索されたキーワードからページを探す。というアクションが一般的でからです。まず、ホームページのページをできるだけ全て検索エンジンに登録されているか確認してください。

site:http://xxxxxxxxxxx.xxxxとGoogleにあなたのホームページを入力すると登録されているページ一覧が表示されます。
2週間経っても表示されない場合は、もしかしたら、ホームページ自体に不具合がある可能性があります。また、Googleウェブマスターツールで登録するページをコントロールするのも有益です。

検索キーワードとコンテンツをマッチさせる。

検索エンジンに登録されている事を確認したら、次は検索キーワードとそのページコンテンツの関連性を見ます。

検索キーワードは、ページのタイトルに含まれているキーワードとほぼ同じとなります。そのページタイトルの内容に答えるものがページコンテンツとしてきちんと関係性を保っているか?を確認し、修正やページ作成を行ないます。

ページを階層化する

カテゴリという概念がホームページやブログに存在します。このカテゴリを使う事によって、執筆者だけでなく、閲覧者にもわかりやすいホームページ構成を作る事ができます。

まずご自身が運営されているホームページのページは、どのカテゴリに属していますか?階層化されていないコンテンツは、見つけにくく、閲覧者はあきらめていなくなってしまいます。

ページ内容をできるだけ詳細にする。

ページ内の文章や画像が多く記載されているほど、検索エンジンは重要なページと判断しやすくなります。また閲覧者にとっても有益です。

およそパソコンの画面で2ページ以上、5ページ未満あたりの内容が良いを思います。
意味のない長いコンテンツは問題ですが、出来るだけ多くの有益な情報を盛り込むようにしましょう。

見出しをわかりやすくする。

見出しを読んだだけで、閲覧者の必要な情報の場所がわかるようにするのが大前提です。見出しだけ読んでページの内容を閲覧者は判断しますので、見出しには十分注意が必要です。

ページの内容を構成する際に、ページタイトル、その内容への答えは、いくつあるのか?それを見出しにして、さらに詳細を掘り下げた書き方をする。この事で、直帰率を抑える事ができます。

他ページへのリンクをわかりやすくする。

検索し、特定のページをじっくり読む。もっと情報を得たい。そう思った時に、ホームページ内の他のページを探す仕組みはありますでしょうか?

他ページへのリンクを設置する事はもちろん、ページ内検索ができる仕組みがあるとより効果的です。また、こちらのホームページには、自動的に人気ページを一覧で出す機能があります。このようにホームページ閲覧者を飽きさせないしくみを導入しましょう。

まとめ

適切な形で、適切な情報をホームページ内で見つかりやすくすること。情報の整理が直帰率を下げる事につながります。

検索してお持ちのホームページのコンテンツに需要があると判断した人にどれだけきちんと内容を伝える事ができるのか?コンテンツの階層化、見出しの最適化など、自分が良しと思っても、閲覧者にとっては的外れという事もあるかもしれません。第三者の確認も時には必要かもしれませんね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク