スポンサードリンク

Google Analyticsから自分の閲覧アクセスを除外したい。自分のIPを知りたい。

Google Analyticsで自分の閲覧アクセスを除外したい
きちんとしたアクセス解析を設定したい。

Google Analyticsには、自分自身のアクセスを除外する「フィルタ」という機能が備わっています。
事務所のIP、自宅のIP、モバイルWifiのIPなど、IPと呼ばれる端末ごとのIDを使って、アクセスを認知し、除外することが可能です。
こちらでは、Google Analyticsでの「フィルタ」機能を使い、特定のIPからのアクセスを分析させないという設定を行います。

まずは、IPアドレスをメモします

こちらがあなたのIPアドレスです。こちらをメモしておいてください。設定の時に使用します。
18.204.56.104

Google Analyticsにログインします。

Google Analyticsにログイン後、上部にある「アナリティクス設定」をクリックします。
アナリティクス設定

フィルタを選択

アカウント、プロパティ、ビューを調整し、「フィルタ」をクリックします。
ビュー画面でフィルタを選択

新しいフィルタを作成

「新しいフィルタを作成」をクリックして設定を行います。
Google Analyticsフィルタ

IPアドレスからのトラフィックを選択

IPによるアクセス設定なので、「IPアドレスからのトラフィック」をプルダウンから選択します。
IPアドレスからのトラフィック

IPアドレスを入力します。

先ほどお伝えしたIPアドレスを入力しましょう。IPv6が割り当てられているのであれば、こちらで入力することも可能です。「保存」をクリックして設定完了です。IP除外が完了しました。
IPを入力する

まとめ

きちんとしたIP除外設定を行うことで、より精度の高い結果を得ることができます。アクセスの多い需要の高いページを探し出し、サービスに反映していくために、Google Analyticsにおいては、必ず設定しておいた方が良いものとなります。時々うっかり設定をし忘れなんてこともありますので、注意が必要ですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク