スポンサードリンク

どのような言葉で検索されているの?アクセスを分析解析を管理画面で確認したい。G Analytics

ホームページがどんな言葉で検索されているのかを知りたい。
いちいちGoogle Analyticsのログインするのが面倒。

そんな時に、Wordpressの管理画面でアクセス解析画面のオーバービューを確認できるプラグインがあります。
それが、「G Analytics」です。日本人が制作したプラグインですので、比較的安心ですね。

WordPress画面でGoogle Analyticsが見られる

Wodpress画面でGoogle Analyticsが見られる
インストールすると、管理画面の「ダッシュボード」の中に、「G Analytics」が追加されクリックすると閲覧可能になります。

アクセス数を確認できる

このようにアクセス数を閲覧できます。またどのページが一番閲覧されているのか?をタイトル別に確認できます。
G analyticsアクセス数

ブラウザの種類を確認できる

どんなブラウザで閲覧されているのか?を把握することで、どのようなユーザー層がホームページを見ているのか?を把握することにつながります。ITのリテラシーが低いのか?高いのか?スマートフォンなのか?パソコンなのか?
G analyticsブラウザ

リファラーの把握できる

どのようにして、ホームページを見つけてきているのか?リファラーとは、リンク元を表すIT用語です。どのメディアに投資をしたら良いのかがわかりますね。
G analyticsリファラ

検索キーワードの把握できる

どのようなキーワードが今検索されており、ホームページで提供している内容とマッチしているのか?で需要に沿うことができますし、さらにはホームページ自身の新たなる可能性を引き出すきっかけににもなります。
利用者に合わせたサービス作りに貢献できる内容です。
G analyticsキーワード

G Analyticsを導入するには

まず最初に、こちらは公式プラグインではないので、管理画面からインストールすることはできません。
こちらのページから、zipファイルをダウンロードし、サーバーへログインし、/pluginsフォルダに格納します。
G Analyticsのダウンロードはこちら

設定する

インストール後、初期設定を行います。「G Analytics」をクリックし、「setup」または「設定」をクリックします。
すると、このような画面が表示されます。初期は何も書いていないはずです、こちらに該当する内容を記載します。

1. E-mailは、Gmailのアカウントで使用しているメールアドレスです。
2. Passwordは、そのパスワード
3. profileは、ビューIDと呼ばれています、下記を参照ください。
4. The stard day of the counterは、カウントを開始する日です。
5. Reading Authorityは、どのレベルであれば、閲覧が可能かどうかです。
6. Google Analytics link pathは、Google Analyticsの該当するページへのリンクを記載しましょう。
G Analytics管理画面

ビューIDを確認する-1

Google Analyticsにログイン後、上部にある「アナリティクス設定」をクリックします。
Google Analyticsアナリティクス設定

ビューIDを確認する-2

左から、「アカウント」「プロパティ」「ビュー」となっており、全てきちんと該当するようにプルダウンを設定します。
その後、一番右の「ビュー設定」をクリックします。
Google AnalyticsビューID設定

ビューIDを確認する-3

「レポート ビュー設定」の中に、「ビューID」を確認出来ると思います。これを設定画面の「profile」に設定しましょう。これでG Analyticsの設定は完了します。
Google AnalyticsビューID

まとめ

ホームページ上では、お客様がどのようなものを求めてきているのか?を把握するデータがたくさんあります。
対面でのサービスの把握も非常に大切ですが、ネット上では物言わぬ需要をキャッチする力も必要になってきます。
対面での需要の引き出し、ネット上での需要の引き出し、この両輪をうまく組み合わせてサービスの向上に利用できたら良いですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク