スポンサードリンク

メールや投稿でホームページのアドレスURLが途中で切れないようにしたい。

ホームページのアドレスが途中で切れた!
リンクをクリックしてもつながらない!

そんな時どのようにしていますか?

メールの送信や投稿によって、自動的にメールが改行されたり、
使えない文字が混じったりしていて、リンクとして機能しなくなってしまう場合があります。

「メール送ってもらったけど、リンクがつながらないようです。」

そんな返事が返ってきたりしますね。
せっかく作ったページや投稿なのに、見えないと言われてしまっては、その先に進めません。

例えば、こんな長いURLを渡した場合、リンクとしての機能が壊れてしまったりします。
https://www.facebook.com/thanksmaker001/posts/645037022223448?stream_ref=10

そんな時に使えるのが、
短縮URLと呼ばれるサービスです。
このサービスを使えば、長いURLを短くして発行してもらえます。

こちらでは、長いURLを短くコンパクトにするサービスをご紹介します。

Google URL Shortener

Google Shortener
言わずと知れたGoogleが提供するサービスです。
Google URL Shortener

p.tl

p.tl
Pixivが運営しているサービスです。圧縮する時のアニメーションがカワイイですね。
p.tl

URX.NU

URX.NU
有効期限を設けることができるサービス。リンク先を期限切れ設定にしたい場合は、こちらのサービスを利用すると良いかもしれません。
URX.NU

まとめ

ホームページアドレスを渡して、きちんと見られるように配慮する。
この一つ一つの動作が大きなアクセスアップにつながります。小さいことのようですが、できる限り「閲覧出来ない状態」を減らすことが大切になってきます。
リンクを期限切れ設定ができるようにすることで、いろいろな用途で使用できるようになります。
ちょっとしたことで、ホームページが見られない。そんな事のないようにしていきましょう。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク