スポンサードリンク

GooogleやYahooでの検索エンジンでホームページの順位を一括で知りたい。ホームページを分析したい。

検索エンジンの順位を知りたい。
どんな検索ワードで何番目に表示されるのか知りたい。

検索エンジンでの上位表示は、集客力が高い事は知らせています。
現在、お持ちのブログやホームページが何番目に表示されているのか?そして、どのような状態にあるのかを教えてくれる無料のサービスがあります。
それは、「SEOTOOLS」というサービスです。継続的な順位の上下を知る事はできませんが、少し調べる程度であれば、この内容で十分機能的に問題ないでしょう。

ホームページを分析したい
このように調べたいホームページのURLを入れ、キーワードを入れます。
URLは、トップページ以外のものも可能です。キーワードは、Googleで検索するように複合キーワードの設定も出来ます。

SEOTOOLSの調査結果を見る

調査する
このようにサムネイルと一緒に調査の内容が表示されます。目標とするキーワードを変更したりして、調べる事も可能です。

重要キーワードと順位を見る

検索順位
どのようなキーワードが重要としてHTML内に記載されているか、そして、そのキーワードでの順位を教えてくれます。

検索エンジンに登録されているページ数を見る

インデックス数
ホームページ内にどのくらいの数のページが検索エンジンに登録されているのか?を確認する事ができます。

リンクされている数を見る

被リンク数
どのくらいのページからリンクをもらっているか?を調べる事ができます。ここでの被リンクは、通常非公開となっている場合が多いので、ウェブマスターツール等を使用し、被リンクに関しては調べた方が正確性が高いです。
※被リンクとしてカウントしないという設定されているページからのリンクはカウントされません。

カテゴリ登録を見る

被リンクサービス
大手ホームページからリンクをもらうと、検索エンジンに影響があります。リンクを購入する事がこちらからできます。SEOTOOLSの収益源にもなっている部分です。
※現在は、Googleはコンテンツを重要視しており、被リンク対策は今後弱くなってくると思われます。

キーワードの数と割合を見る

キーワードの出現率
どのようなキーワードがページ内にどのくらいの割合で記載されているか?を伝えます。

キーワードの数と割合を見る

ドメイン取得日
いつ頃にドメインを取得し、運営を始めたのか?を知る事ができ、ドメインの取得が古ければ古いほど、評価されるホームページになります。
ワインのように。。。。熟成です。

まとめ

トップページだけではなく、サブページにおいても閲覧者の入り口となり得ます。
サブページのキーワードもおろそかにはできません。もしかしたら、目的とするキーワードではないもので検索され、成約につながっている場合もあります。
キーワードは、お客様の需要を掘り出す鍵となる場合があります。競合との兼ね合いも考えながら、ホームページの運営をしていきたいものですね。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク