スポンサードリンク

[見出しと自信]検索エンジンに強くなる記事の書き方

検索エンジンに強くなる記事の書き方。見出しと自信。

Googleに検索結果が表示される(インデックスされている)のに、検索されない。

Googleに検索されない。
= 問題を解決する記事であると認識されていない。

そんな風に感じて、焦りが出ませんか?

こちらでは、最低限知っておきたいコンテンツの作り方を説明します。

検索エンジン最適化は、SEOと呼ばれ、業者も多いですよね。
Googleの検索結果で上位に表示されることで、目的をもったユーザーに見てもらえる。

そうなるとアクションしてもらいやすくなる。
だから、検索結果で上位表示されることは、重要です。
と、ここまでは、誰でもわかっていることであると思います。

Googleにインデックスさせることまでは、そこまで大変ではありません。
Ping送信やsitemap.xmlなどを作成することで、容易に行うことができます。

提供内容の自信があるか?

Googleは、日々進化しております。ロボットでありながら、人間が記入した文章の内容を相対的に判断し、情報の質を見極める人口知能レベルのシステムが備わってきていると言えます。

つまりは、Googleを人間であると仮定して、きちんと自信をもって伝えられるだけの情報を発信していますか?ということです。
できれば、断定的に、表現することで、コンテンツの質はグッと向上します。

誰かがこんなことを探しているとしましょう。
「部屋をキレイにすることができる素晴らしい掃除機」

それに対して、どちらの記事がより明確に答えていることになるでしょうか?

1. こちらの掃除機は、よくゴミを吸い取ることができます。デザインもステキです。
とっても使い勝手が良いです。だから、掃除機がない人にはオススメかもしれません。
2. こちらの掃除機は、よくゴミを吸い取るサイクロン式を使用しています。サイクロン式とは、吸引力が衰えない最新の技術が使われているもので、この掃除機はそのサイクロン式の中でも、有名な●●という研究所が開発したものを使用しています。

デザインも近未来のものを使用しており、世界的に有名なアーティスト●●が1年間苦心した末に作り上げた曲線豊かなデザインです。

見た目のみならず、使い勝手も人間の行動に合わせて、大勢の研究員が社運をかけて設計されており、ストレスを感じさせません。

掃除機をバカにしているのであれば、この掃除機を一つは持つべきです。掃除の意識が大きく変わります。

より詳しく、自信を持って、詳細に記事を作ることで、コンテンツの力が高まります。

見出しを有用に使っているか?

見出し?とはてなマークが浮かぶ人がいるかもしれません。見出しは非常に重要です。

見出しとは、htmlでは、このように表現される内容です。WYSIWYGを使って、「見出し」などを選択すると反映されるものもあるかもしれません。

きちんと順序立てて伝えることで、より明確にわかりやすくなります。
見出しだけで何を伝えたいのかわかることがベストです。

上記の例を取って、見出しを付けてみましょう。

まずは、何を伝えたいのか?をはっきりさせます。ここでは、

「素晴らしい掃除機」
を伝えたいということになると思います。

素晴らしい掃除機とは?

– 吸引力が素晴らしい。
– デザインが素晴らしい。
– 使い勝手が素晴らしい。
– まとめると、素晴らしい。

という風に分解して表現することができます。
これが、見出しというものになります。
見出しに変化させてみましょう。

– 吸引力が衰えないサイクロン式を採用
– 世界的に有名なアーティストがデザイン
– 大勢の研究員が社運をかけて設計
– 生活が変わる掃除機

いかがでしょうか?どんな掃除機か大体想像できますよね。
情報をきちんと整理することで、短い箇条書きでも伝わる記事になります。
これを見出しにして、その見出しの内容を細かく肉付けしていく必要があります。
これが情報を整理するコツです。

次の見出しを読みたくなるかどうか?

文章の構成の作り方をお伝えしました。

探している人がほしいと思っている情報であることを、最初に明示することで、きちんと読んでもらうことができるようになります。

電気屋さんで、店員さんに質問したとします。

「部屋をキレイにすることができる素晴らしい掃除機」はありませんか?

そこで店員さんが、何も言わずに、こちらへどうぞ。
と言われたら不安になりませんか?

ちゃんと自分の言ったことが伝わったのかな?
全く見当違いのところに連れて行かれたりしないかな?

店員さんが、こんな風に言ってくれたら安心しませんか?
「部屋をキレイにすることができる素晴らしい掃除機」ですね?

単なるオウム返しのように見えますが、大切です。
これは、記事を書く上でのマナーも一緒ですね。

一つ一つ、「自分のことをわかってもらえている」という安心感を与えるように構成してください。
お探しのものは、こういうものですね?ネットでは、顔が見えないので、少しくどいくらいがちょうどいい。
きちんと伝わるまで、伝えましょう。

納得してくれるとさらに興味が増し、次の見出しや内容を読んでくれるようになります。

検索エンジンに強くなる

検索エンジンに強くなる
= 検索者のニーズに応えることだと考えます。

まずは、自信があるコンテンツがあることが前提、その上で、それを伝える方法を考えます。
コンテンツに自信がないものは、上位表示はできません。無理やり上位に表示させたとしても、検索者も記事作成者もお互い幸せになることはないと思います。
なぜなら、自信があるコンテンツを提供されても嬉しくない、そして、自信がないコンテンツを伝えきれない。
ここでお互いにモヤモヤの不調和が起こります。

キーワードの取り入れ方や、被リンクを増やすやり方を学ぶより、まず先に、提供内容に自信があるかどうか?を確認してください。
それが、最初に行う検索エンジン最適化です。

Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク