スポンサードリンク

安定した場所を作る

安定した場所を作るサービスとして、真剣に提供しようと考えている方のために。

私自身、たくさんの無料ホームページを立ち上げてきました。
無料で作成できるホームページは、自由が効かなくなる場合が多いです。最悪、せっかく作り上げてきた場所を運営局に削除されてしまう。
なんてことも度々起こり得ます。いくつか削除された経験があります。

無料のものは多数使えますが、有料のものも検討した方が安定的に人を集める場所を確保することができます。
広告を打つ話ではありません。あくまで場所の話です。
有料のサーバーを契約を行いましょう。

もし、その場所が削除されたりした時に、困るのはあなただけではありませんよね。
せっかく信用して集まってもらった、あなたが愛を伝えることができた、そして、その愛を育み出した人たちも一緒に失うことになりかねません。

はじめは、無料で構いませんが、ある程度人が集まり、やり方がわかってきたら、場所を移動することを考えましょう。
もちろん最初から、有料のものをつかっても構わないと思います。本気度によります。

無料のものは、使っている人が多いため、安心だととらえがちになります。
あの人も使っているし、あの人も使ってる。だから安心となりがちです。

あなた自身のやり方が確立してきたら、突然削除されることを考慮して、有料のサービスへの移行を検討ください。

あなたが基点になって、人が集まってくる場所がネット上に作られた時に、その場所が誰かがお金を払っている場所だった場合、その人が場所の使用権を主張した時に、その場所は削除されてしまう可能性が高い事になります。

1. 商用利用OKかどうか
商用利用不可のネット媒体を使って、人集めることはできるだけ避けてください。
利用規約は運営者が自由に変えることができるものとなっているサービスがほとんどです。

商用利用が不可になり、たくさんの人のブログが削除されたということはご存知の方も多いと思います。
有料契約しているブログですら、削除されている状況です。それだけ運営者の権限は強いです。

削除され、もう一度最初から構築していくことは、リセットという言葉できれいに表現することもできますが、再構築は体力を使います。
あなたがせっかく作り上げてきた言葉が一瞬にして削除される恐れもあります。

商用利用okであっても、人がメインで集まる場所としては、なるべく使わないようにしましょう。
商用利用が目的で作られたサービスをメインに利用することをおすすめします。

jimbo
KDDIが運営する商用可能なホームページ制作サービスです。無償版は広告が表示されます。有料版にアップグレードも可能です。

Xserver
多機能で安価なサーバー。複数のドメインを管理でき、自由度が高いです。Wordpressなど自動的にインストールできるため、手間はかかりません。独自ドメインを取得し、メールアドレスを取れば信頼性も上がります。
メールマガジン配信エンジンもインストールすることが可能です。

2. 無料のものを使うことについて
ブログやホームページ、メルマガなどがあげられると思います。ほとんどのサービスが無料で提供されています。
そのサービスのほとんどが、あなたを使って人を集め、その人から利益をあげるような構造になっています。

そうではないと無料サービスは成り立ちません。
サーバー(ネット上の場所)の値段がほぼ0円まで下がり、ほぼ無限に場所を確保することできる時代になりました。

この無限の場所を使って、利益をあげようとしているのが運営側の意見です。
人を集めれば集めるほど、運営側へのメリットが大きくなる事を念頭に置いておいてください。

ほとんどの利用規約の中に、この一文が禁止事項の中に、記載されていることが多いです。

それは「その他、当社が認めない内容」です。

運営側が禁止とすることは自由に決定することができます。
相談なしに削除する権限を持っているということです。
あなたがひらめいたアイデアが、有効なのかどうかをテストすること、あなたの言葉が届くかどうかのテストに使うことをおすすめします。

Facebookページ
御存知の通り、商用可能なFacebookのページを作成できます。いいね!やシェアをされることによって拡散する力を秘めています。

FC2ブログ
商用可能な無料ブログです。有料プランは、独自ドメインを使用できたり、保存量が無制限になったりします。

ある程度人を集めることができるようになったら、ご自身でサーバー契約をし、ドメインを取得します。
その場所に、ホームページ構築ソフトやメールマガジン配信ソフトを入れ、出来上がったものに、無料のサービスから人を移動させ運営します。

※上記ホームページに関して、生じた損害に関して、一切責任は負いませんので予めご了承ください。

まとめ:
– 商用利用可かどうかをチェックする
– 無料のものはメインでは使わない
– 無料のものは、アイデアをテストするために使う
– 人を集めることがある程度できるようになったら、有料のものを検討する
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク