スポンサードリンク

適切なキーワード設定する

適切なキーワード設定するブログやFacebookページ、ホームページを作る上で、一番重要なのはタイトルです。

パソコンでページを開くと、ウインドウ(ブラウザ)の一番上に、文字が表示されると思います、これをタイトルと言います。
ブログ名やホームページ名、Facebookページの名前と言ってもいいと思います。

この名前に気を使っていない人がかなり多いので、説明します。

1.検索エンジンで重要
GoogleやYahooで検索される方がほとんどだと思います。ここに設定されているキーワードで人は検索をしてきます。タイトルの文字が検索に使われるキーワードと言っても良いと思います。そのキーワードは、「どういう人のための内容か?」を具体的に示しているものを設定してください。

あなたが寄り添える具体的な人を表すキーワードです。

こちらでは具体的な検索エンジン対策(SEO)についての内容は掲載いたしませんが、どんな人にどんな事を伝えたいのか?が分かる内容の設定をしてください。読者を表す内容とその読者へ伝える解決法を表すキーワード、この2つをミックスした内容が良いです。

2.シェアされることで重要
いいね!を押されたり、シェアされたり、コメントされたりすると思いますが、タイトルの内容がその人のタイムラインに表示されることが多いと思います。

そこにその人が恥だと思う内容を設定していると、嫌がられます。
例えば、「今夫婦仲が悪いと思っている人への解決法」というタイトルにした場合、読者がいいね!を押すと、その人にタイムライン上に、「私は夫婦仲が悪いです。」と言うことを友達全員に知らせる結果になります。

もちろんそれで良いと思っている読者もいる場合もありますが、寄り添う気持ちで、タイトルの設定しましょう。
癒しを受けること自体が恥だ、メンタル面が弱いと思われる方も少なからずいます。

もちろんご自身の投稿内容にもよりますが、読者に寄り添う愛のあるキーワード設定をしましょう。

3.難しい漢字を使わない。伝わることが重要
シンプルかつ分かりやすい文字を使います。難しい漢字を使うと、クリックもされませんし、最悪の場合、「バカにしてんのか?」という反感を買う場合があります。あなたの愛を伝える上で、多くの人を集めるという目的の場合、難しい言い方は必要ありません。
画数が多い漢字、二重否定などの言い回しは使わないようにしましょう。

例えば
「遍く混沌において、あなたに素晴らしい愛が普遍的に訪れることを望まない人はいないかもしれません。」
ブログの場合は、タイトルは記事ごとに設定できますね。これは極端な例ですが、本当に伝わるのかを一度考えてみてください。

まとめ:
– あなたの読者を表す言葉を設定
– あなたの読者のこだわりや悩みを寄り添う言葉
– 難しい漢字、二重否定は使わない。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク