スポンサードリンク

小さく思いを伝える

小さく思いを伝える小さく小さくを重ねることで、大きな信頼が生まれます。

恥ずかしい話ですが、実は、私自身、数百ものブログを作って来ました。
そのほとんどが思いが伝わらずに閉鎖していったものばかりです。

こちらを読まれている方は、できるだけ簡単に人を集めたい。
自分の思いをすぐに楽に伝えたい。そう思っているかもしれません。

一つのことに固執しすぎずに、できるだけ多くの種類のあなたの意見を小さく伝えてください。

全てがあなたのかけらです。

あなたの中に小さなコンプレックスがあったり、情けない自分がいたりすると思います。
そういう小さな種を育て仲間を集めることが重要です。

たった一つのあなたの思いだけでは、もしかしたら、きちんと伝わらないかもしれない。
何を伝えるのか?を少しづつ変えることで、たくさんのテーマが作れます。
そのテーマを継続的に探求できるかどうかを、投稿しながら考えてください。

あなた自身の体験や感覚を読者に与えるつもりで、それをテーマごとに分ける事。
そのテーマに沿ってあなたが発信する内容が読者にきちんと響くのかを見ること。

それが、「小さく思いを伝える」です。

たった一言があなたのホームページやブログを一瞬にして人気にすることもあります。
その一言を出すには、たくさんの数の投稿をする必要があります。

最初は、伝わらなくても当たり前。
質は、小さな失敗の量から生まれます。

あなたがお気に入りのテーマがある時は、そのテーマを掘り下げても良いです。
ただ、もし行き詰まったり、他のテーマを投稿して行きたいと思ったら、少しづつでも良いので、その数を増やしていってください。

閉鎖するブログがあっても良いと思います。
忘れ去られるブログがあっても良いと思います。

あなたの伝えるという技術や思いは、どんどん研ぎ澄まされていきます。
そして、高まった技術にあなたの愛が乗れば、インターネットという人をつなぐツールで一瞬にして広まります。

最初は3行だけでもよいです。ほんの少しでも良いです。
何も考えていないときに、アイデアが出る場合が多いと思います。

こんなことを伝えたら面白いかもしれない。
あんなことを伝えたら面白いかもしれない。
そして、いざやってみよう!となった時に、自分に言い訳をするんじゃないですか?
あんなことをしないといけない。
こんなことをしないといけない。と。

私の場合は、頭の中でこんなブログやホームページがあったらいいのにと思ったら、
その先のことは考えずに、とりあえず、立ち上げます。
そして、実際に投稿してみます。

最初は愚痴でも良いと思います。許せないことを許せない!と叫んでも良いと思います。
そのうちにもっと価値のあるものを提供しよう!と思うようになったりします。

そして、そのブログは継続します。

あなたの思いの分身を少しづつネットを通して流して行きましょう。

その種は、気がついたら愛が湧きだす泉のように、いつのまにか、人が来るブログになっていたりします。

まとめ:
– 小さく重ねることで大きな信頼を築く
– 自分の体験をテーマごとに分ける
– 媒体をたくさん作ることで、伝える技術が高まる
– 愚痴でも良いので、たくさんの媒体を小さく継続する。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク