スポンサードリンク

同じ文章構成を繰り返す

同じ文章構成を繰り返す基本的に、人は文章を読みません。
書いたあなた自身の読解力ではなく、わかりやすい文章の書き方があります。

言葉を心の奥にまで浸透させることができるシンプルなテクニックの話です。
それは、同じような文構成を使って、単語を変化させることで、より伝えやすくなります。

例えばこんな感じです。

私は、学生です。
私は、男性です。
私は、素晴らしい人です。

これは、とてもシンプルな例ですが、このように単語を変化させるだけで、伝わる度合いがぐんと上がります。
これをもし、このように書いた場合はどうでしょうか?

私は、素晴らしい男性の学生です。

上記と比べるとコンパクトにまとまっているように見えますが、”私は”という言葉の力が下がっています。
どの言葉を伝えたいの?とはっきりしません。全体的にぼやってしてきます。

繰り返しの文章の中に、異なる単語をいれることで、主語と伝えたい言葉がつながりますね。

あなたは、素晴らしい女性で、いつも家族を大切にできる人なんだよ!
あなたは、美しい女性で、いつも周りの気遣いが出来る人なんだよ!
あなたは、優しい女性で、本気で人のために怒ることが出来る人なんだよ!

文の構成を認識して、意味をきちんととらえる能力は、かなり文章を読み込んでいる人でないと伝わりにくい場合があります。
そして、毎回文章の構成を変えるような書き方も伝わりません。できるだけ同じ文章構成で伝える必要があります。

同じ文章構成の中に、異なる内容を探そうとする「間違い探し」をしたくなる心理も応用します。
間違い探しをしたい = 興味が高まる。何かな?何かな?と思って思えると更に良いです。

もしかしたら、あなたは書いている最中に、どんどん言いたいことが出てきて、最後に支離滅裂になってしまうこともあるかもしれません。

そんな時に、この繰り返しを強調して使うことによって、あなたの記事の意味をぎゅっとしめてくれる作用があります。

結局何が言いたいの?という読者の気持ちの流れを考えながら、タイミングよく書いてみてください。

あなたの本当の思いをきちんとのせて、労いながら、読者の心に響かせるイメージです。

この繰り返しという技法は、一つの投稿の中で、複数使ってもあなたの愛が伝わります。
あなたの投稿内容をあなたの頭の中で、整理することも考えて、書くことも可能です。

もし息詰まったら、頭のなかで一番伝わるシンプルな文章構成を考えて、上記の例のように、その一文の単語を変化させる。
あなたの愛の気持ちも整理がつき、まっすぐまとめることができますし、また、読者にとっても、分かりやすい文章になります。

まとめ:
– 文章構成はシンプルなもので伝える
– 主語と伝えたい単語をリンクさせる
– 間違い探しをしてもらうことで興味が高まる
– 一つの投稿の中で、伝えたい内容であれば、複数使ってもOK
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク