スポンサードリンク

朝と夜で投稿の内容を変える

朝と夜で投稿の内容を変える朝と夜で読者の行動は違いますよね。
あなたの投稿に変化をつけて寄り添ってください。

朝。
読者の生活をイメージしてください。
どんな想像ができますか?

通常のサラリーマンの場合。
朝起きて、眠い中頭を起こさないと行けない。スマートフォンをチェックして、メールを確認。
テレビを付けて、ニュースをチェック。トイレにいったり、水を飲んだりします。
朝食を軽めに済ませて、歯を磨きます。そして、仕事に出かける準備。
何を着て行こうかな?スーツであったり、カジュアル系の服装かもしれません。
身だしなみを整えて、外出します。

電車を待ちます。その間、スマートフォンをチェック。
電車に乗ります。満員電車。スマートフォンをチェック。

一般的な朝の光景ですよね。そこであなたの言葉を読む機会は電車の中にあります。

では、電車の中では、どんな事を考えているのでしょうか?
考える時間ができると、人は、少しネガティブな方向に傾きます。
満員電車つらい。仕事行きたくない。上司にまた嫌味を言われるんだろうな。給料が上がらないな。何か面白いことないかな?
これは例です。どんな関心事があるか、あなたのイメージの中で作ってみてください。

この場合は、スマートフォンを手にとった電車の中。
その時に、あなたの言葉を読みます。こういう人の中にある心の言葉と寄り添ってください。

「毎日、満員電車での通勤お疲れ様です。大変だと思います。」
こんな言葉が目に飛び込んできたら、どきっとしますね。

続いて夜はどうでしょう?

今日も1日疲れた!嫌なこともあった。楽しいこともあった。
一段落した。読者は一般的に、少しポジティブになり、体の力が抜けている時間だと思います。
明日のことも心配だけども、今日も頑張った。さあ美味しい夕飯を食べよう。
ゆったりお風呂に入ろう。家族と楽しもう。

そんな状態にあるのかもしれません。

朝とは違って、ポジティブさが浸透しやすい時間でもあります。
朝とは違う、少し裏向きの方向での投稿を読者に伝えることであなたの愛が伝わりやすくなります。
夢や希望のイメージを投稿してみましょう。または、解決法を投稿しても、実際に行動してもらえる可能性も高まります。
朝の悩みを一歩引いて、客観的に読者はとらえることができます。

「家が一番落ち着きますね。今日もお疲れ様でした。あなたの夢はなんですか?」

一般的に。
朝は、緊張する。
夜は、リラックスする。
そんな行動に考えを巡らすことができる時間帯になります。

朝投稿したものを夜読んでくれるだろうという考えもありますが、
実際は、最新の投稿を読者は求めています。よって、時間帯をわけて投稿するのが効果的です。

まとめ:
– 朝はネガティブ傾向、夜はポジティブ傾向
– 時間帯によって寄り添う言葉を変える
– 朝はやらないといけないこと。夜はやりたいこと。
– あなたの愛の方向性によって、具体的に読者を想像する。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク