スポンサードリンク

読み手の関心事を感じる

読み手の関心事を感じるネット上で、目的なく人は文字を読みません。動機がないと人は、文字を読みません。

例え読んだとしても、内容は頭に入って来ません。
あなたの発する言葉に、読んでもらえる動機をのせないと伝わりません。

GoogleもYahooも検索という機能を使っています。
検索は、人が知りたいという動機があるから成り立っているものですよね。

知りたい!という内容に直結するものがキーワードです。
このキーワードとあなたが提供する内容がどれだけリンクさせることができるかで、読まれる内容になります。

あなたの投稿がまず最初に読まれないと、愛が伝わるきっかけにもなりませんよね。

自分の関心事だけを書き連ねている人がいます。
一番代表的なのが、日記です。日記を書くなという意味ではありません。

自己開放には素晴らしい力を日記は発揮します。

あなたの私生活をただ知らせるだけの日記では、伝わりません。
読者の関心事とあなたの体験や関心事をリンクさせ、共有してください。

あなたの体験ありきのことですので、あなたの体験も増やしていく必要があります。

読み手が知りたいと思っていることにつながるキーワードを思い浮かべながら書いてみると、がらりと変わり、読者の関心を得ることができるようになります。。

例えば、

今日、新宿駅のカフェで、美味しいパンを食べた。
こんなパンだった!素敵なパンですよね。写真。
とても美味しかった!中には、しっかりとしたアンが詰まっている。
ボリュームがあって、噛みごたえがあるもちもちパンでした。

という日記。
これに相手が欲しいと思うことに対するキーワードを埋め込みます。

読む人はどんな人が想定できますか?

1. 新宿駅を利用する人。
2. 東京に良く行く人、または住んでいる人。
3. パンが好き。
4. パンを家族に食べさせたい
5. 美味しいあんぱんを探している
6. おしゃれな年代の男女。
7. 商談に使いたい
8. 取引先のおみやげにしたい。

いろいろ考えられますね。

イメージの中で、あなたが意識できる限りの読者の種類を頭の中で描きます。
上記の条件で、どんどんイメージが広がりますね。

そして、こんな感じにまとめることができます。

取引先との話をスムーズにする美味しいおしゃれなカフェ。
新宿。この店のあんぱんを一口食べたらやみつきになってしまいますね。
ファッションセンスあふれる店内で、ゆったり時間を過ごせます。

最初に伝える内容が大切です。

ちょっとした、相手の関心事をプラスすることで、がらりと印象が変わります。
そして、あなたの投稿がとても有益だと思われると、あなたの体験が価値に変わります。

ポイントは、あなたの頭の中で、きちんとしたイメージをふくらませて、さらに、読み手の条件を広げることです。
そして、キーワードをあなたの体験と掛けあわせます。

相手の関心事をあなたの愛を使って拾い上げてください。

まとめ:
– キーワードとあなたの体験をリンクさせる
– 読者を思い浮かべる。
– 読者の関心事を拾う。
– 最初の一行で、どんな人へのメッセージかを伝える。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク