スポンサードリンク

難しい言葉を使わない。

難しい言葉を使わない。ご自身の専門分野が深ければ深いほど、難しい言葉を使って説明しがちです。

同レベルの知識を持った専門家を集める必要があるなら、専門用語をたくさん使っても構わないです。
そうではない場合、一般向けに伝えるのであれば、伝わらないので、優しい言葉でシンプルに伝えてください。

わかりにくい日本語を使って伝えようとしている。
ゆえに、伝わらない。

せっかくあなたがとても良い事を言っているのに、伝わらないのは、もったいない。
そこに愛はないですよね。

難しい言葉を使って、相手を説き伏せようとするのは、自分が優位に立っていないと怖い。
そういう気持ちの現れだと思ってください。

自分で書き込んでいる時に、自分では誰でもわかるものを書いているつもりだと思います。
自分では結構わからないものです。

おばあちゃんにもわかるように書いてください。

前提条件として、読者はあなたの投稿を読みません。
自分に関係のない情報を取り入れようとは思いません。

あなたの信頼性が高まる前は、特に人はあなたの投稿を流し読みするだけです。

難しいかどうか?を常に意識して投稿を作ってくださいね。

1.難しい漢字を極力使わない。
たとえば、難しいの「難」。
これは誰でも読めると思っているかもしれませんが、画数が多い漢字、似たような漢字があるものは、なるべくひらがなにするのがベストです。
漢字が読めないからといって、その人のレベルは低いかと言えばそうではない。
漢字の理解能力は、ひとりひとり違います。ただそれだけです。

2. 難しい言い回しを極力使わない。
例として、明日晴れるような気がしないでもない。ちゃんと読めばわかりますが、流し読みで情報を得ようとしている人にとっては非常に迷惑です。
この場合、明日は晴れないだろう。など、シンプルで、読みやすい。意味が一本で通る書き方をしましょう。
読んでいる人に誤解を招く、意味がわかりにくいものは、ページを閉じられてしまいます。

3. 専門用語を極力使わない。
多くの人が一般的な人に向けてメッセージを発信していくと思います。
サービスを提供したいという気持ちが先になって、わかりにくいカタカナ文字を使ったりする人がいると思います。
ご自分では、「こういうしか方法はない」と思っているかもしれませんが、砕いてください。
あまり専門用語を使い過ぎると、相手を見下している印象が強くなってくるので注意が必要です。

読み手の理解度が自分では見えないので、調整するのが難しいかもしれませんが、一番簡単な表現方法を選んでください。

専門用語を使わずに、説明できるのが伝える技術が高い人です。愛があります。

例えば、アロマセラピー。
アロマセラピーに関する知識がある人なのか?
それとも、アロマセラピーって何?と思っている人なのかで、全く投稿内容は変わってくると思います。

私は、アロマセラピーにそこまで詳しくないので、専門用語の精油の名前を並べても、意味がわかりません。
それよりも、効果や感想などを表現したほうがシンプルにまとまります。

どうしても使う必要がある場合は、使う言葉を簡単な文で説明するのも効果的です。

普段何気なく使ってしまっている言葉。読者の人が理解できるとは限りません。
ご自分の知識を一度伝わるか考えてみてくださいね。

まとめ:
– 難しい漢字を極力使わない
– 難しい言い回しを極力使わない。
– 専門用語を極力使わない。
Pocket
LinkedIn にシェア


スポンサードリンク